志乃’s スローライフ通信

fworld112.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:機織り・手織り( 277 )

諸事情あって かなりの間隔をあけて アトリエ・ナコ

今回は 8枚綜絖・8本ペダルでリネンのランナーを織りました

緯糸を こんなにたくさん色から選べる贅沢
一人 自宅で織っていては こうはいかない

e0225164_07111730.jpg

上品に 控え目に 実用の観点から  生成りをチョイス
e0225164_07111747.jpg
前の方の水色も 爽やか~♪


経糸が丁度終わったので 機から外して持ち帰れました! ワ~い!

e0225164_07082488.jpg
レースみたいで素敵



以前に織った

アルパカのスローケットや・・・・

e0225164_07081407.jpg
                       (これも8枚綜絖・8本ペダル
                        緯糸のイサガー・アルパカ2は 私の大好きな糸
                        タリフさんの糸とか 織っても編んでも質感がOKの糸は私にとって貴重)



クロス模様のハンドタオルも お持ち帰り~

e0225164_07082430.jpg
どんだけ織ってんだ~(笑)

でもね
作ったモノを溢れさせてしまう私には 気軽にプレゼント出来るハンドタオルは 最高のアイテム!


帰ったらすぐ 大嫌いなミシン掛け
こういうことは すぐにやらないと お蔵入りしちゃうコト・・・よ~く学びましたから ^m^
e0225164_07082494.jpg

配りまくるぞ(^^)/

e0225164_07082356.jpg


さ~て
嬉しいお土産は 織ったモノばかりじゃありません

アトリエは 有意義!?な情報交換の場!


今回はスリランカの話で盛り上がりました

家に帰って 検索が止まりません(笑)
あの時 話題に上っていたDr.CTスキャンって この人のコトかなぁ

空港からもアクセスのいい このホテルに泊まればいのかなぁ
日本語で 予約できるサイトもある~
コロンボへは 直行便があるし。。。。


スリランカって 今までは ディンブラが企画する紅茶ツアーしか浮かばなかったけど
アーユルヴェーダを目的に訪ねるというのも あるのね~
なんだか 行ってみたくなってしまった。。。。



そして 今回 何よりのグッドニュースだったのは 
ダウントン・アビーが映画化されるっていう話
あぁ 全く知りませんでした   




こっちも ロンドンまで行けば こんなツアーもあるぅ


スリランカにしようか ロンドンにしようか あぁ悩む
妄想は自由だからね (^-^)




[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-08-16 07:42 | 機織り・手織り | Comments(0)
梅雨空の中 月の港~風あい工房~へ

e0225164_04573397.jpg


無事完成した 蚕小屋では  

e0225164_04574527.jpg


只今 蚕たちは 頭を持ち上げたまま 時が止まったかのように4眠中

e0225164_04583429.jpg
どうして こんな辛そうな姿勢のまま眠っているんでしょう 

繭を作り始める時期も 近いぞ~



それにしても 工房では しばしば『世の中知らないことだらけ~』なことを 思い知らされます

今回は 蚕の糞(フン)のお茶の話で・・・・腰を抜かしました(笑)


帰って来て ググりにググって 納得致しましたよ~

蚕の糞(フン)って
「蚕沙(さんしゃ・さんさ)」と言う 漢方じゃ有名な 糖尿病、高血圧・・etcに効果のある お薬だったんですね~~

どうしてもイメージとして「虫のウンチ」というインパクトが強くて
(;''∀'') なかなか受け入れられませんでした


そう言えば
「桑の葉エキス!」なんて謳った サプリなど 良く見かける訳で・・・

そういう桑の葉を 蚕が食べて・・・出したモノなら  
ただ葉っぱを乾かしたり、絞ったモノなんかより
ずっと得体のしれないパワーが 加わろうというものですね

検索ついでに分かったのですが
緑色の色素として 食品にも 蚕のフンは使われたりするとは・・・(^^;)

「やっだ~ 蚕のフンのお茶なんて飲めな~い!」
なんて言いましたが もうとっくに 蚕のフンにお世話になっていたのかも。。
高血圧な私 是非とも これからは盛大に 頂こう・・・かな

フンまでも役に立つ 蚕

蚕沙は 神秘の生き物:蚕からの贈り物~♪



[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-06-16 00:02 | 機織り・手織り | Comments(0)
毎年楽しみな 東京スピニングパーティー

e0225164_16174746.jpg
いよいよ 2018年の出店者がアップされました!

 
風あい工房は 勿論!

きつつき工房 ・ 糸小屋gayagaya ・ ヤノフ織のスローアート 
スコットランドの糸でお世話になっているタリフさん 
リボン織の糸花生活研究所さんも 出店されます

⇓下記のHPには それぞれの出店者がリンク付きで紹介されているので
 気になった所を クリックしながら見ると 楽しいですよ~♪


初出店のbolly木工房さんの ミニミニ綿繰り機  小っちゃくてビックリした~☆






そして 今年は なんと!
スローアート IZUMIさんのレクチャーもあります
9月16日(日)15:30~16:30「ポーランド ヤノフ村の二重織り 織文化と技法」


みなさん 9月になったら 錦糸町に集合!デス



[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-06-14 16:37 | 機織り・手織り | Comments(0)
大人の遠足?に行ってきました

コースは
真木テキスタイルスタジオ(東京都あきる野市)⇒Cafedining Kan-KURA⇒八王子養蚕農家


真木テキスタイルは Keikoさんのブログに なんと!38回も登場する憧れの場所

e0225164_15044501.jpg
やっと行くことができて 感激です



e0225164_15045574.jpg

噂に違わぬ 素敵なところ

e0225164_15044512.jpg
竹林ショップにあった 未精錬の絹糸で織った 薄いショールに 心が動く
(人*´∀`)。*゜+. 涼風を感じるようだ~

いいなぁ~ 4万円かぁ(-"-) ン~~
インドの織手さんは コレを織って 幾らもらえているんだろ
ニワカ インドカブレの私の心は インドへと旅立つ

このシャリ感のある 未精錬の絹糸なら 私にも織れるかもしれない
そうだ!4万円分 糸を買おうじゃないか。。。と 危険な結論が出てスタジオをあとにする(笑)


さぁ お昼
Kさんが 調べて予約して下さったレストランは秋川渓谷の前

e0225164_15044520.jpg
気持ちいい~

名前の通り 蔵を使ったお店なんですね
               **カフェダイニング カンクラ**
e0225164_15044636.jpg
蔵の中で

e0225164_15044561.jpg

色々頼んで みんなでシェアしながら頂く

e0225164_15044616.jpg
            **いつものように 写真は・・・ほとんど忘れて食べてしまった**

楽しいね 美味しいね
Kさんのお陰で 遠足がスムーズに進んで感謝です


そして・・・午後  養蚕農家で。。。大感動がやって来た!

古~い蚕小屋の中

e0225164_15044596.jpg

e0225164_15143358.jpg

聞こえる 蚕が桑を食べる音は

e0225164_15045559.jpg

まるで降り続く雨音のよう
サイダーの泡が 弾けるようでもあるかな

e0225164_15045502.jpg

スマホで動画も撮ったけど 音が上手く入らなくて残念だったら
なんと YouTubeにありましたよ~~~~




蚕 虫が苦手でしたら こちらをどうぞ



検索している最中 なぜか心落ち着く この音を

『蚕時雨(こしぐれ)』と言うことも知り

文化ね~歴史ね~伝統ね~とまたまた大感動



繭を作る時は またちょっと違う音がするのよ~とお話を伺ったが
e0225164_15045586.jpg
              **まだ空っぽです**

それも ありましたよYouTube!


他にも 繭を作る各段階の音が詳しくアップされていますよ~

養蚕農家の方々は こんな音を聞きながら暮らしたのね



そうだ 桑の木は ここまで刈り込んじゃっても大丈夫っていうのも 知らなかったなぁ

e0225164_15062323.jpg

繰り返し刈り込まれたせいで コブの塊のようになってしまった桑の姿が なんだかコワい

e0225164_15045601.jpg


美味しいそうな?桑の葉で休む ウラナミアカシジミ
e0225164_15045506.jpg
この日は どんなことにも心が動いて 目をこらしてしまったのでした


さぁ 子どものように興奮して遠足から帰り 夢中で語るも。。。
伊那谷育ちの夫は
「蚕って うるさいんだよ~」
「桑はそうやって刈り込むよ」と 何を言っても 至極当然のご様子・・・

ハイハイ
こんな歳になるまで 知らなくて スミマセンでした~(-"-)






[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-05-26 15:55 | 機織り・手織り | Comments(0)

月の港 風あい工房へ

ボルドー君が 大好きな崖付近から 見下ろしています
風あい工房 到着です!

e0225164_10033904.jpg
近くの喧騒が まるで嘘のよう
これも この小さな谷戸のような地形のお陰でしょうか



ヤノフ織の本の織図が シニアな私には 見難く
その上 ただただ経糸の本数を数えて織らされる 受け身な感じがするので
自己流の 白糸方眼図を描いてから 織ってみました

e0225164_10033976.jpg

私には この方法が しっくりするなぁ~

e0225164_10033028.jpg
縮絨する必要のある タリフさんのラムウールの双糸で織っているので
ちょいと長方形に織っています


大好きな織と
身体にも美味しいランチを頂いて これでまた一週間頑張れます!

アッ 来週は第4週でお休みでした 残念~淋し~~~い!

e0225164_10033953.jpg
御馳走様でした  そして  ありがとうございました<(_ _)>



[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-05-19 10:24 | 機織り・手織り | Comments(0)

木製口金クラッチバッグ

アトリエ・ナコへ行って
先日行われたワークショップの クラッチバッグを見たら とっても素敵だった



がま口作りには 懲りたはずなのに。。。
バッグは斜めに掛けちゃうオバちゃんなのに。。。
このクラッチ 作りたい ( ;´Д`) あぁ 作りたい

せっかく織った布も この位大切にされたら さぞ嬉しかろうし~

結構作るの 難しいとお聞きした この口金
それでも 一人 買って 作ってみようかと 今 真剣に悩んでいる・・・・


このタイプの口金 ミンネなんかでも結構 使われているんですね~


イナズマで出ている↓こういうのより かっこいいよなぁ

さて・・・

この日 織ったのは 前回織った クロス模様のタオル

e0225164_07432480.jpg
今回は 黄緑・ピンク・茶色・グレー
同じ物を 繰り返し織るのは 多分初めて 
だってコレ ちょっとしたプレゼントに最適なんだモン


今回は ダーラヘスト時代のこの記事を参考に ポーチ用にも数枚織りました


あぁ 縫製を頼める人が いたらなぁ~~~~





[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-05-08 07:48 | 機織り・手織り | Comments(0)

Double Face Inkle Weave

変かもしれないケド・・・

小さな頃から チロリアンテープの裏側とかが 嫌い

表は綺麗なのに・・・裏は長く糸が渡っていて モサモサしていて
こっちは見ないで下さい
こっちが見えないように使って下さい・・・っていう感じ

だから。。。。

風あい工房で ボリビアのベルトを見て なんだかとっても気に入った
だって 安心の double-faced!! なんだもん

e0225164_10414011.jpg

・・・・で! 

我が愛機に ほんの4,5センチのベルトを掛けて 贅沢に練習中
高機を こんなにもったいなく使うなんて バチが当たりそう

e0225164_05400411.jpg
経糸しか見せない織なので 手間のかかるピックアップといえども 簡単
分かりやすく 根を詰められる感じがいいね

ちゃんと 裏に 反転した模様が出ます
単純な織だけど 最初に考えた人 ホント偉いわぁ
e0225164_05395654.jpg

ただ・・・筬を使えない織って 巾を安定させるのが難しいな~


参考にしたのは こちらのYouTube  まったく便利な世の中ダ
(@_@;)危うく 南米まで行くとこだったゼ






[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-04-30 06:53 | 機織り・手織り | Comments(0)
ナコ先生のブログが 同じエキサイトから





先生のHP内へ引っ越されてたので




アップに気付くのが遅くなって・・・・

狙っていた このワークショップに参加しそびれてしまった ( ノД`)シクシク…
「織った生地を形にする」 ホント 大切なこと・・・   私の テーマですな


こうなったら インスタを始めちゃうとか~  (^^;)イヤ ウソウソ


なになに~~~
日本・スウェーデン交流150周年を記念して 今年は
レクサンドアカデミーのサマーコースに 日本人向けのワークショップがあるんですかぁ~

テーマは 「フリーハンド エンブロイダリー 楽しい自由な刺繍にふれる3日間」
刺繍かぁ。。。。。(;一_一)



まったくやらないけど ワークショップならなんでも出たいような・・・

「ダーラナのアーツ&カルチャー 魅力あふれるダーラナの文化にひたる4日間」
っていうのもあるぞ(p_-)



刺繍の方は 大使館の観光情報Facebookにも シェアされて出てる~~4/18アップ記事

Leksands folkhögskola 夏期講習>>
http://leksandacademy-jp.com/sp_sommarkurs_l.pdf
行けずとも・・・↑このpdfファイルのパンフレットを読むだけでも 楽しい

レクサンドアカデミーへ2年制のブックバインディングコースで留学された シニアの方の記事に驚いた愛犬とともに 留学とは・・・

世の中・・・・進んでいるのねぇ







[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-04-28 05:46 | 機織り・手織り | Comments(0)
ほんの数センチだから すぐに出来てしまうリボンを・・・

e0225164_15261525.jpg

どう使えばいいか  悩んでいたけど


リネンのリボンだからなのか リネンのエコバッグの上に 乗せてみたら しっくりする

e0225164_15261565.jpg

こうやって アップリケしてみようか・・・


e0225164_15261922.jpg

安全ピンで ブローチみたいにしておこうか・・・・


e0225164_15262895.jpg


糸花生活研究所の個展では こうやって素敵に 展示してあったんだけど

e0225164_04365789.jpg


私は 木のロバさんで 着せ替え人形をしながら 飾ろうかな

e0225164_15302914.jpg


[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-04-24 15:39 | 機織り・手織り | Comments(2)
気持のいい日

庭で 駆除しなきゃいけない外来種 ナガミヒナゲシが咲いている・・・

e0225164_14474052.jpg
我が庭には珍しい 派手な色が可愛くて つい・・・数株残してしまう  

スタンプ遊びも楽しいし。。。。ネ

e0225164_06080232.jpg

自分で植える 花は地味な色ばかり
今は ビバーナムとか ミヤコワスレとか

e0225164_14480804.jpg

ブルーベルとか・・・
e0225164_14474897.jpg


可憐な花達を見ていて
女性らしい 手仕事を思い出した

私は 組紐ディスクを買っている場合じゃないんだよ 
テーブルルームで遊ばなきゃ!

台所も 使わない調理器具だらけだし・・・
すぐ買って すぐ飽きるのは 私の悪いクセだ

糸花生活研究所の美しいテーブルルーム

e0225164_01241464.jpg

織図から シャトルから 打ち込みへらまで すべてが美しい

e0225164_14495106.jpg


リネンの平織りに ピックアップして刺繍糸を挟むだけの 単純作業が楽しい

e0225164_14500924.jpg
筬が無いので 同じ幅 同じ密度に 上手く織れないけど。。。。


森の中に エプロンをした 少女が立ったよ

e0225164_14495127.jpg
さて・・・
何に使おう・・・
それが いつも 問題だ・・・(T_T)





[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-04-22 15:15 | 機織り・手織り | Comments(2)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch