志乃’s スローライフ通信

fworld112.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お出かけレポ( 137 )

昨日 雨の中 錦糸町駅前 丸井の上の「すみだ産業会館」へ

錦糸町のホームでは 
キオスク?コンビニ?の店員さんが
「切符落とされた方~~~~ 新大阪までの切符~~~~~っ!!」
と大きな声で叫んでいます
落とした人は 多分 総武快速で東京駅行って どうなっちゃうのか・・・
あぁ なんてオソロシイ

e0225164_07190862.jpg

さぁ 東京スピニングパーティー!


今回は 大好きなワークショップを申し込んでおきました
『葛布の糸作り(結びつなぎの糸つなぎ)と葛布歴史資料の熟覧<大井川葛布>』に参加する為 9階へ

受付を済ませ 入室までロビーの椅子に座って待っていると

誰からともなく(私からではありません
「どのワークショップに参加されるの~?」
と話が始まり 盛り上がり出す
「一日講習なんで お店を見て回る時間が無くて 新幹線の時間もあるし・・・残念~」
「北海道から申し込んだ方のキャンセルが出て参加出来ることになったんです」
あぁ。。。そうか。。。あらためて北海道の地震の現実感が増す
そして。。。。
やりたいことは今すぐ決断してやらないと!私達に「来年にしよう」なんて時間はもう無い
なんて話に落ち着く
自分の行動を肯定し 夫を説き伏せ我が儘に生きているのは私だけじゃないんだ(^-^)と心強い


9時45分 会場の部屋へ

私 葛布に興味があった訳ではありません
大麻布とか芭蕉布、宮古上布なんていう自然布は知っていましたが 葛は知りませんでした

身の回りにいくらでも生えている葛
わざわざ栽培しなくても 採取だけすればいい葛から どうやって布を作るのか 知っておきたい
(;''∀'')まあ 生かすことは無い技でしょうけど
でも ラフィアでカゴを編んで悩んでいた私は プロがどうやって植物繊維を結んでいるのかは知りたい

着尺の葛布が飾られた会場で

e0225164_07095585.jpg

葛布のお着物をお召しのダンディーな大井川葛布の村井さんから葛布の歴史・製造工程を教えて頂き
公家や武士の古い衣装も見せて頂きました


実際に葛苧を裂いて

e0225164_07093758.jpg


シャトルに入れるための「つぐり」も作りましたよ~
e0225164_07095239.jpg
最後の質問コーナーでは 本当に葛を刈って 家で葛布を織る気満々な熱心な質問が飛んでいました
(もう既に やってる方も!)
帰ってきてから調べると 私の知りたかった葛苧の結び方は ネット上にありますね ⇒ ココ
機結びと違って 糸の端が2本とも同じ向きになるっていうのが特徴
これ 機織りの時にも使えるかもしれない

実際には繊維を強くするため 舐めながらやるんですけどね^m^


さ~て 3時間のワークショップを終えて 8階会場へ
e0225164_07440375.jpg



入ってすぐの所に 風あい工房! きつつき工房と並んで出店です

e0225164_07463033.jpg

羊毛のピンクション 並べると可愛い

e0225164_07463034.jpg

月の港の紹介コーナーもありました
e0225164_07463003.jpg



絶対何も買わないと心に決めて ぐるりと一周するも   初志貫徹ならず・・・

糸花研究所で 新しいリボン織のキットと

e0225164_07462123.jpg


Peggy&Maggieで見かけた サンカ手袋のキットを

e0225164_07463006.jpg


(本場スコットランドのサンカ手袋は 黒と白ですが こちらのキットはカラフル)

e0225164_07463068.jpg





買ってしまったのでした


e0225164_07463134.jpg
サンカ手袋を編む針って 0号よりずっと細い1.5mmなんですって ビックリ~~~



[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-09-16 09:08 | お出かけレポ | Comments(0)

礼文の思い出

礼文島の玄関は 香深港

カ・フ・カ と聞くと
思い浮かぶのは 作家の カフカ 
村上春樹の「海辺のカフカ」
新しいところだと 近寄りがたい魅力の シシド・カフカさん

この音が 漢字で「香深」となると ナントとも違和感

帰りのフェリーで目撃した ユースホステルの見送りも 踊ったり叫んだり なんとも不思議
(こちらの方のブログが詳しい⇒ココ
嘗ては 襟裳 知床とともに 北海道三大バカユースホステルと評されたんだとか
e0225164_13063390.jpg
平成も終わろうという今 昭和な感じの こういうユースホステルが まだ生き残っていたことに驚いた
(後列で恥ずかしそうに見送っているのは 宿泊客なんだそうな)


そして もう一つ違和感?不思議?だったのが 今回泊まった
プチホテル・コリンシアン

e0225164_13151293.jpg

アルバイトの子たちが メイドさんや ギャルソンみたいな恰好をしているし

e0225164_08175127.jpg

昔の清里のメルヘンなペンションに泊まっているような・・・
テディベア博物館に閉じ込められたような・・・ 

e0225164_08165760.jpg

部屋の鍵も テディベアの首に掛けられて渡されます

e0225164_08175128.jpg

なんだか 気恥ずかしい。。。   (これなら無くさないから イイケド~)
e0225164_08174385.jpg
そして・・・

オーナーご夫妻が好きで集めたり 応援している作家さんの作品を飾ったりしているんだろうか
ホテル内に飾られている品々が メルヘン調だけでなく 実に様々
その上 あちこちに これまた応援しているらしい演歌歌手のポスターも目につくし・・・
安心して 乙女チックな気分にも浸れない

どんな気持ちで泊まればいいんだ。。。




初日の晩御飯

e0225164_08175170.jpg
私 ホッケやニシンの刺身って 初めてかも~ 


朝ご飯

e0225164_13063350.jpg
刺身の食べ過ぎだったので 洋食にホッとする


次の晩は 毛ガニ以外 写真が無い(^^;)

e0225164_14181968.jpg


2日目は 和朝食

e0225164_08175117.jpg

ホテルのある船泊は 定期航路もなくなり 礼文空港も使われなくなり とっても静か
さ~て 軟弱?シティ派?の弟が コンビ二に行きたいと言い出した

地図を見て
「ファミマがあるじゃん!」
と思ったが 
e0225164_14181862.jpg
とんだ ファミマ違い

ホテルの売店では まったく何も揃わないので
香深でお買い物してから行かないと せっかくのお部屋の冷蔵庫も役に立ちません
誰だ~ この宿選んだの! ハイ 私デス


でも 帰りに
スタッフさんが ホテルのバスで香深へ送ってくれる道中での説明は 分かりやすく面白かったな~♪

礼文で採っても 利尻昆布
礼文島観光ポスターには みんな利尻島が写ってて
しまいには「利尻の見える島」なんて謳っちゃう 奥ゆかしい?島 礼文のお話

e0225164_14454415.jpg


もともと住んでいたのは 300人くらいのアイヌの人々 それが
和人がもたらした 麻疹や水疱瘡で 明治になる頃には20人ほどにまで減ってしまった話や

自衛隊礼文分屯地前を通る時には
大韓航空機撃墜事件の際に ここが情報収集で活躍した話
(航法ミスでソ連領空を侵犯し、ソ連軍に迎撃されたこの事件
 ダメ~な私は 瞬間 その後のキム・ヒョンヒが起こしたテロ事件の方が頭に浮かんでしまった)
韓国の方らしい御夫婦が 翻訳機で
「飛行機が落ちたのはどこですか?」などと熱心に質問されていた姿が印象的だった

そうそう
教養の無い私は「コリンシアン」って何? アイヌ語? な~んて思っちゃいましたが

柱の上部にある この飾りのことでした

e0225164_08175147.jpg
コレね
e0225164_08175715.png

後ろ(海側)からみると こんな感じのホテルです

e0225164_08175702.jpg

トレイル7の 九種湖畔コースのそばに建っています

e0225164_10383435.jpg

アザラシが見られるポイントを教えてもらったり
貝殻や 瑪瑙が拾える海岸を教えてもらったり
デザートのケーキを食べながら 礼文島の花々の写真を見せてもらったり 
園芸家の故江尻光一先生のお話を聞かせてもらったり
(先生がお泊りになられたことがあるらしいデス 有名なレブンアツモリソウは蘭ですからね
 ちなみに 江尻先生は私の小学校の大先輩 面食いな私は ダンディーな先生のファンでした)
 
お刺身も美味しく ハイキングの後に温泉につかれ 部屋も快適だったのですが

どうして礼文島で この雰囲気の中 宿泊しなくては ならないのか・・・
気持の持ちようが難しいホテルなのでした

YouTubeに アップされたばかりの動画があったよ ホント なんでもあるなぁYouTube!


演歌歌手 こおり健太さんのポスターが写っていないのが 残念だけど。。。




[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-08-19 06:47 | お出かけレポ | Comments(0)
旅の余韻を失わないように暮らしたいとけど・・・
あっという間に・・・忘れてしまう

・・・で
今日は 拾って来た(来てしまった)貝殻で遊んで 礼文島を思い出す


どうして 貝殻だとか 流木 陶片 石 はたまた ドングリ 木の実とかを拾ってしまうのか。。。
もうコレは 本能?としか言えない(;''∀'')



2日間滞在したホテル・コリンアンで教えて頂いて 

e0225164_08172551.jpg
ホテル裏の海岸で拾った 

e0225164_08172581.jpg

穴開き貝 

e0225164_08171364.jpg
並べただけでも 穴がリズムになってオモシロイ

e0225164_08170115.jpg
こんなに綺麗に穴を開けて 貝が貝を食べるとは・・・ スゴイ 不思議


とりあえず~麻紐を通してまとめて~

e0225164_08170967.jpg
植物と一緒に 吊ってみる

e0225164_08170581.jpg


(^-^)あぁ 見る度に思い出すなぁ~絶景の中のハイキング
そして 霧の中のハイキング

e0225164_09134595.jpg
左は私 右は弟(この旅のスポンサー・独身) 撮影は夫


弟はガイドさんの
オトギリソウの 兄が弟を切り殺したという 命名の由来説明に 怯えてたっけ~☆
e0225164_09490145.jpg
この黄色い花が オトギリソウ
「弟切草」って書くし 花言葉がコワイのも このせいなのね
(この旅行の前 姉が弟を自殺を装って殺した?という事件があったのです)

ちなみに この弟
うにむき体験センターに寄った時

「ボクは やらないから!」
と言うので
『そっか・・いかにも~な観光体験はやりたくないのか まったくクールねぇ』
と思ったら 
途中で 生きているウニを割ったり触ったりすることを怖がってるという 軟弱人間であることが判明!

当然 無理矢理 やらせたのデシタ^m^  あ~~ 面白かったぁ

e0225164_09134080.jpg


次回は 2泊した 超!個性派ホテル:コリンシアンのコト 書こうかな~♪




[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-08-18 09:56 | お出かけレポ | Comments(0)
利尻・礼文への旅行  恒例~夫の故郷への帰省が終わり・・・
私の平成最後の夏休みも はや 終わった感が漂う

人には「なんで利尻・礼文?」と 言われますが

e0225164_15225428.png
礼文島は ラクして高山植物に会える所

夏の低温と激しい風で 海抜0メートルから何百種類もの高山植物が育つのです

標高2000m以上の山でなければ通常は見ることができない高山植物が 海辺に咲いているという訳~

・・・で 登山せずとも 簡単なハイキングで 沢山の可憐な花々に会え
ついでに ^m^ウニも食べられる~~~島!

e0225164_05413039.jpg


利尻島に1泊 礼文島に2泊して
礼文島にある 7つのトレイルのうち 3時間くらいのコース:2つ(桃岩&林道)を歩きました

e0225164_10383435.jpg

花が目的でしたが 景色も素敵!

e0225164_10375345.jpg

写真じゃ伝わりませんが 物凄い風

e0225164_10385518.jpg
草原が 私には苔盆栽に見える( ´∀` )

e0225164_10372378.jpg
左手 雲を被って利尻山が見えなくて ちょっと残念


お目当ての レブンウスユキソウにちゃんと会えました

e0225164_13534923.jpg


印象深かったのは 可憐な高山植物じゃなく エゾニュウの群生だったかなぁ

e0225164_10373466.jpg


2日目は 霧   まっそれも幻想的でまた良し!

e0225164_10392238.jpg


e0225164_10394214.jpg


野生のゴマフアザラシを見たのは 初めてでした
他人とは思えない 体型(;''∀'')

e0225164_10393747.jpg

e0225164_13541261.jpg

タマキガイの貝殻で埋め尽くされた 船泊の海岸
e0225164_13543159.jpg
不思議な 風景

ツメタガイに食べられた跡の まん丸な穴が開いている貝が多いんですよ~

e0225164_13542686.jpg
なんか クラフトに使えそうだね


それにしても それにしても 毎日暑い! 暑い!暑い!暑いっ!!
涼しかった宗谷岬に戻りたいよ~~~~~っ

e0225164_15285303.jpg







[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-08-06 15:30 | お出かけレポ | Comments(0)

恒例オヨメの季節

楽しかった利尻・礼文島の花の旅をまとめる暇もなく

私は今 夫の休暇で長野県にいます(T^T)


町をも揺るがす 5日間の逃走劇を繰り広げたカピくんです
e0225164_06592378.jpg

じーちゃんと 幸せな一時
e0225164_07112483.jpg


リビングに貼られた 近所の女の子の絵手紙が 騒ぎの大きさを物語っていました

e0225164_06575675.jpg




[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-08-04 07:12 | お出かけレポ | Comments(0)
園芸オタクの私
レブンウスユキソウに会うために 今 礼文島にいます



稚内から

e0225164_05353968.jpg



先ずは、陛下の来訪準備で大忙しの利尻島へ
白バイ隊員さんとともに渡りました


e0225164_05361349.jpg


この利尻山は 北海道土産で有名な 白い恋人のパッケージの山 日本百名山の1つ
e0225164_06504718.jpg


ヒグマがいない 安心してハイキングが出来る島として有名だった利尻島は 今 ヒグマ発見で大騒ぎ
泳いで来ちゃったんでしょうか


e0225164_05371501.jpg



利尻山ビューポイント:オタトマリ沼では
新しくした見学台付近で、陛下へご説明の練習中(多分ね)

e0225164_05395950.jpg

利尻島 大変ね~~~


あとは、帰ってからアップしようかな

[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-08-01 06:14 | お出かけレポ | Comments(0)
アナンダ主催のインドツアーに参加するというのに アナンダさんに伺ったことの無い私に
「一度 行ってみたら~」と ご親切なお誘い

雪の八ヶ岳山麓で とっても素敵な一日を過ごさせて頂きました



大理石の羊がお出迎えの アナンダさん
e0225164_06482162.jpg

先日の雪の影響で 中止になると思っていたドライブでしたが
東京と違って雪に強い山梨の道路管理&運転上手なKさんのお陰で決行できました

e0225164_06482631.jpg

手前にある木造の建物が 最近出来た アナンダ食堂


せっかくなので ランチはココで   スタッフの方々と一緒に頂きました

e0225164_06483427.jpg
身体にも美味しいお食事 セルフで好きなだけ盛り付けて頂きます
e0225164_08220435.jpg
ご馳走さまでした<(_ _)>




そして もう一ヶ所 私が楽しみにしていたのが きつつき工房

私の 愛機:レラ・オ・レラが生まれた工房です

八ヶ岳を眺めて エコな暮らしを実践されてる 松永ご夫妻
きつつきのお出迎え~
e0225164_06480526.jpg


シンボルツリーの ユーカリ    こんなに寒い所でもヘッチャラな木なんですね
e0225164_06475504.jpg

その根元には 氷のリース
e0225164_06473217.jpg
寒いよ~~~~~っ!!!!!!!


さぁ ダルマストーブで暖まって・・・・
e0225164_06481191.jpg
このロケーションで 頂く 干柿入りの作りケーキは 格別でした! ご馳走さまでした<(_ _)>


最新号のアナログホームページ 頂きました

e0225164_07354057.jpg
奥様のHANAさんが 前年にあった出来事をまとめた この冊子がとっても素敵なのです

戌年だから? それとも昨年まで一緒に暮らしたウメさんの為?
小さな木のワンちゃんまで 封筒に入っていました

エコな暮らしですから 当然封筒は再利用品
なんとアナンダさんからの封筒で出来てる~~~なんだか 当たり!な気分

e0225164_07354050.jpg


素敵なイラストと手書き文字の冊子 思わず じ~~~~~~っくり読み込んじゃいます
「一年間に頂いたプレゼント一覧」 アイディアですよね
e0225164_07354020.jpg
実は
ダルマストーブのあるお部屋は工房の一角に作られた仮住まい
お隣には 後は窓枠や玄関ドアを作れば完成の 立派な手作りの母屋があるのですが・・・・

家に帰って 以前頂いた冊子を見てビックリ
2012.1.1時点で 母屋建築3年目ですって!!
e0225164_07354089.jpg
ということは!!   もう10年近く建築中?????

冊子の中に出て来る「出来た頃には古民家!」ってジョーク 本当になっちゃうよ~っ
あぁ・・・
短気な私には・・・考えられないコツコツした暮らしに 驚きました・・・・


リゾナーレや 牧場や 道の駅も廻って
夜は アジア屋台ごはん 五五吉食堂へ



季節外れの別荘地で 夜も開いているお店はありがたい存在
e0225164_06471309.jpg

あ~美味しい  これはタイのトムヤムクンかな?
e0225164_06471348.jpg
ベトナムのスイーツ:チェーっていうの 気に入っちゃたな~
e0225164_06454889.jpg
朝8時出発 帰宅は10時半頃だったかなぁ
日帰りでも 充分楽しめるんですね
皆様 連れて行ってくれてありがとうございました<(_ _)>

(=^・^=)この御恩は一生忘れませんっ!!








[PR]
by noshinoshishinoch | 2018-01-26 18:20 | お出かけレポ | Comments(2)
「帰ってきた KUGUI COLLECTION」へ伺った時 鵠沼マダムから
最近できた『シネコヤ』と『草原舎』が いいわよ~という噂を聞く

こりゃ~行かなきゃね(笑)

映画を観るという時間もないので この日はまず 草原舎へ

e0225164_06552637.jpg
噂に違わぬ 店主のセンス漂うお店 (^_-)-☆ 駅近とは思えない
これはマチガイナイナ。。。。


勝手に お洒落な女性が出てくると思っていたら
店主は静かなムードのお兄さん なんだか物語の中みたい

商用じゃなければ 写真OKということで スマホで写真を撮らせて頂きました

e0225164_06551103.jpg
天気が悪かったこともあいまって  暗い店内はムード満点

e0225164_06551176.jpg


e0225164_06551124.jpg


e0225164_06551253.jpg

ついつい 写真 いっぱい撮っちゃったよ

e0225164_06552202.jpg


e0225164_06551890.jpg


e0225164_06551271.jpg


e0225164_06551288.jpg


生花コーナーもあり! 
どんなブーケ作ってくれるんだろうね(^-^) 

e0225164_06551156.jpg

ここでも・・・・また
自分に自分でお土産を買ってしまい 荷物が重くてシネコヤを断念したというのが真実でした(;''∀'')





[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-12-01 07:08 | お出かけレポ | Comments(0)
国道1号線を走るたびに気になっていたお店

e0225164_16052980.jpg


大磯郵便局の隣 『MASSAMAN タイキッチン』へ
e0225164_16052987.jpg
タイ人女性がやっているお店です

日曜のランチタイム  当日の朝 電話で予約してから出掛けました
小さなお店なので(14席くらいかな)予約しないと 入れないことが起きそうなお店です
(1~2人ならカウンター席に すんなり入れるかも)


ランチセットのカレーを注文
カレーは2種選べるので 人気のマッサマンカレーとグリーンカレー(エビ・アボカド)

まず 生春巻きが出て来て~

e0225164_16053003.jpg

スープが出て来て~(フォー入り・フォー無しを選べます)
e0225164_16052906.jpg

いよいよカレー   カレーもタイ米も美味しいよ~~~~~っ

e0225164_16052932.jpg
きっと また行きます     気に入った~~~~~♪

食べログはココ  ⇓⇓
 





[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-16 06:49 | お出かけレポ | Comments(0)
スピニングパーティーは 混んでも初日に行くんだと 土曜日をあけておいたのに
なんで急に行かれなくなっちゃったかというと・・・・


次女ダンサーの彼氏のピンチヒッターとして 星野源のライブへ行くことになったからでした~っ

e0225164_07573725.jpg
今のチケットって転売防止の為に 買う時に登録した人しか入れないようになっているんですね~
娘のとった電子チケットは 行かれなくなった時の為に 一人だけ次候補を登録出来るシステムになっていたので 補欠として 私のデータを打ち込んでおいたんだそうな(-"-)

私は 星野源のファンではありません
でも 娘がファンなので ブレイク前のキャッチーじゃない曲も知っています
更に あの若さで蜘蛛膜下出血で手術闘病した エピソードも
アミューズに移籍してからの あれよあれよというサクセスストーリーも・・・
娘が買ったから 著書もサラッと読んでるし
出演したドラマ「コウノドリ」「逃げるは恥だが役に立つ」も一緒に見ました
そんなに関わっていて じゃぁ なぜファンにならないのかって?
そりゃ~もう  私は面食いダカラ~ それもかなり重症の~~(笑)

e0225164_07574295.jpg
さ~て 困った 
錦糸町でのスピニング・パーティーが ホームなら
さいたまスーパーアリーナ・星野源ライブは かなりなアウェイ 目立っちゃうんじゃなかろうか。。。
自分がファンなら甘んじて痛い視線も受け入れるけど

e0225164_08052249.jpg
コワゴワ行った さいたま新都心でしたが
星野源のファン層は比較的幅広く 大人しい感じで 心配は無駄となり ホッ~♪

e0225164_08051808.jpg
この日の観客は3万人!
屋内での3万人の迫力ってスゴイねっ
照明効果の為に 場内には軽くスモークがたかれているので 遠くの人が霞んでよく見えない

開始後 ライブのショーアップ振りに腰を抜かす 時代遅れの私(;''∀'')
娘がいなきゃ絶対覗いていない世界
もしかして ライブって ウ~ン十年前のQueen以来?
最近夫と行った茅ヶ崎市民会館の小椋佳は ライブ!って感じじゃないし・・・

照明が 花火大会を見ているかのようで もうコレだけでオバちゃんは大満足
生演奏っていいし ダンサーが踊るし 大画面映像があるし 金テープがバズーカでキラキラ飛ぶし
思っていたより星野さんは歌もギターも聞かせるし
星野源の力! イヤ・・入場料の総合計を ササ~ッと計算しながら
サザン、福山を抱える巨大事務所:アミューズの力!!を見た気がしました

それからSNSの力もね  

たくさんの見ず知らずの人が SNSで繋がっている 不思議な感覚
娘はずっと会えないでいた先輩が同じライブに来ていることを知って会うことが出来ちゃうし
岡田将生と生田斗真が来ているなんて流れちゃうし
(面食いオバちゃんとしては星野源より見たい・・・)
金テープがとれなかった人達が誰か分けて~ってツイートしてるし
アリーナ近くの居酒屋が 今晩はBGMを星野源にしているだの 駅の混雑状況も分かるSNS

みんながテレパシーを飛ばし合いながら生きていると言うか・・
現実とネットとの二重構造がオバちゃんには不思議なのでした
(私はTwitterはやっていません 娘のスマホの覗き見です)

演出で飛んでた金テープ
ただの無地のテープじゃなくて ツアーのロゴだったり
手書きサインやメッセージが印刷されているんですね~
帰りの電車で娘に見せてもらって初めて知りました

e0225164_14132972.jpg
だから みんな一生懸命拾ってたのか・・・
e0225164_14132975.jpg

まっ 親バカな私は グッズも買って楽しそうな娘と 一時を過ごせて 幸せなのでした

e0225164_15073347.jpg
娘よ 〇〇〇君じゃなくって ゴメンね~



[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-09-10 19:14 | お出かけレポ | Comments(0)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch