ポーランド Day2 移動日 ワルシャワ➡コリチン

家族からは 私が作るものより グレードの高い晩御飯の写真が ラインで届く
(; ̄ー ̄Aイヤミか?


さて今日は ワルシャワセントラル駅から 
e0225164_00512226.jpg
ポーランド東北部 ポドラシェ県の県庁所在地 ビャウィストクへ 朝から2時間半かけて 列車で移動

ビャウィストクから ホテルのあるコリチンへ 40分気のいいタクシー運転手さんとドライブ

大家族が営む ホテルビエシアダ到着! 
e0225164_04151991.jpg
ココが ヤノフ織ワークショップの基地だ



急ぎホテルで昼食とった後
80キロ離れた セイパク織のただ一人の織手 サビナさんの工房へ 路線バスの旅

行きは満員
e0225164_04131912.jpg

帰りは ゆったり
e0225164_04125311.jpg

サビナさんのお家は バス停を降りて こんな道を
e0225164_04122214.jpg
歩いた先に ありました
e0225164_04140948.jpg

サビナさんの作品と歓待に 感動

e0225164_04114810.jpg
いいなぁ 幾何学模様も
e0225164_04112242.jpg
可愛くて あたたかい
e0225164_04105671.jpg
ソウコウやペダルを増やすのではなく
完全なピックアップで織るこの織
つまりは 私の織機でも出来るってことだけど
ベットカバー大となると 大変な努力と根気の結晶だ

ゆっくりと織の話をお聞きしたかったけど バスの時刻のため ままならず 残念
どうして こうも 織り手の皆さんって温かくて素敵なの?
もし これが 織をやっている人の特徴ならば。。。私も・・・?(  ̄ー ̄)ノ

家族の感想が聞いてみたい

Commented by pebble at 2019-06-11 14:56 x
ヤノフ織りの1回目に参加したpebbleです。
コリチンのホテル、とってもなつかしい!!手作りのソーセージがとってもおいしかった!
今でもあの時の温かい人の空気感、覚えています。
このポーランド旅行記、とっても楽しみにしています。
どうか、毎日続きますように。
サビナさんの織物、手元に置いておきたいくらい!

楽しい旅でありますように。
泉さんにもよろしくお伝えください。
Commented by noshinoshishinoch at 2019-06-11 15:40
コメントありがとうございます。
まだワルシャワへの直行便も無い時のご参加ですね。
ネンキモノのスマホのご機嫌が このままよろしければ
懐かしいテレサさんの工房の様子 お伝え出来ると思います。
手作りの混ぜ物ねない ソーセージなどの肉製品 おいしいですよね~~~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by noshinoshishinoch | 2019-06-11 09:50 | ポーランドヤノフ織ツアー2019 | Comments(2)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31