好き!kindle ハイライト機能

紙の本に限る!と仰る方も多い
私も 美女と野獣に出て来るような図書室を持てるなら そうしたい

しかし そうはいかない住環境 amazonに心を売って kindleを手にした
読み放題プランにも入っているので リストに入っていれば 今までなら絶対に読まないような本まで
片っ端から 読み飛ばしている
ナナメに読もうが 面白くなくて途中でやめようが 罪悪感を持たずに済む
定額料金だし~♪(カラフルな雑誌とか大型本はパソコンで読んでます)
食べ放題に入った 行儀の悪い客状態


ただ 小っちゃなkindleだと 折角の本の表紙も白黒で味気ないし
紙の本と違う質感が イヤ・・・とかあると思います
けどね 私の場合 ハイライト機能が 諸々の欠点を 凌駕する感じ

古い人間の私は
受験参考書等を除き 本に書き込みをすることに アレルギーがあります
だから・・・ 
「良くぞ書いてくれました あなたは天才です! 
 私もこう思っていたのに 言葉に出来なかったんです!」 とか

「なんてイイ言葉でしょ!是非とも これからの私の心の糧とさせて下さい<(_ _)>」
~なんて文章に せっかく出会っても 本に 線が引けない。。。

端を折るのもイヤなので
付箋を付けてみたり 書き出してみたり・・・しかし それを続けられるほど マメでもない

あぁ なんかイイこと書いてあったんだよなぁ~~とオボロゲな記憶は辿れないし
いつの間には 金言も・・・下手すりゃ読んだ事すら 忘れてしまう
まぁ 読書なんて そんなものでいいのかもしれないんだけど

しかし kindleには
指でなぞるだけで 盛大にラインマーカーが引ける ハイライト機能というのがあるのです
e0225164_12101513.jpg
それも デジタルだから 引いたり消したり 自由自在!
あぁ なんて素晴らしいんでしょう


また
私は邪魔なので 普段は消していますが 
「○○人がハイライト」というような 他の人がハイライトした箇所を表示しながら読むことも出来ます
e0225164_12102006.jpg


そして何より嬉しいのが 自分がハイライトした箇所を 一覧表示出来るコト!

そして その一覧の方から ハイライトしたページに飛ぶことだってデキル

当然 他の人がハイライトした箇所の一覧を 読むことも このように ⇓ 出来るのです
e0225164_12100825.jpg
       この画像はポピュラー:つまり他の人がハイライトした箇所の一覧
       自分のメモの方を触れば 自分の一覧にになります
       人数が少ないのは 自分がハイライトした箇所を アップしない人が多いからなのでは・・・
       



つまり 労せずして
読書して感動した箇所に いつでも戻れる
読書から得た 知識をいつでも使える状態に出来る(ちとオーバーな ^^;)

暇なとき
自分のハイライトした箇所だけを ササ~っと読んでみる
(ちなみに ハイライトした箇所に メモを書くことも出来ます)
時には そこから また 本に入ってみる
こんなことが出来て 役立ちそうな気配

なんだか 
アマゾンの回し者みたいなブログになってしまいましたが
決して そんな意図はございません
ただ よくぞこういう機能をデザインして下さったと 記憶力減退のオバちゃんは思うのでした





名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by noshinoshishinoch | 2019-02-12 07:59 | Comments(0)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch
カレンダー