志乃’s スローライフ通信

fworld112.exblog.jp
ブログトップ

それは 小さい子が 鶴を折るのと似ている

最近 やっと 自分のことがよく分かる

子供って
折り紙で鶴や風船を折っては おばあちゃんやおかあさんにあげたりするでしょ

貰ったおばあちゃんが 
「志乃ちゃん ありがと~」って にっこり笑ってくれれば 遊びはそれで終り

e0225164_05104873.png

結局 この歳になっても 私は変わらない

ただ さすがに折り紙じゃなくて
機織り・手編み・・・・マクラメに なっただけ

プレゼントした鶴を 後でおばあちゃんが 捨てちゃおうが どうなろうが
も~そんなことは 構わない 
遊びは終わったんだから 

鶴が欲しくて 鶴を折ってる訳じゃない
ただ 折りたくて折る 

新しいオリジナルの折り紙なんて工夫したい訳じゃない
これは創作の場じゃない

繰り返し 何度も織る  折ることが楽しいから
そして それをプレゼントすれば さらに楽しくなるだけのこと

あの頃だって
広告で折るより 色紙の方が嬉しいし 千代紙だったりすれば気持ちも上がったように
年相応 経験に応じて どんどん材料は贅沢になる(笑)

そんな訳で 
ここ数年 鶴の代わりに作っている靴下が また完成しました

e0225164_05454472.jpg
先日書いていた REGIA PAIRFECT COTTONです

押し付けられても 気になさらないで下さい(*^^)v
貰ってやることが 人助け!なのです







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by noshinoshishinoch | 2018-05-13 05:49 | 編み物(靴下編み) | Comments(0)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch