志乃’s スローライフ通信

fworld112.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

冷静に考えると
もう 一生分 いやそれ以上のゾックヤーンを買い込んでいる

それでも
新商品をみると 買いたい。。。。。。

消費者が 編めるだけ、適量の毛糸を買っていたんじゃ メーカーも儲からないものね
あの手この手で 購買欲を掻きたてられ 到底編み切れないほど買わされてしまう

なんともアイディア・デザインソースが 面白いんだもん


今年のオパールの切手シリーズ

e0225164_21400098.jpg


中央アフリカ共和国の「微笑みの公爵夫人」と呼ばれたエリザベス王太后の切手のとか~
e0225164_21395094.jpg


我らが日本の これとか 欲しくなっちゃう

e0225164_21394787.jpg



レギアのフルーツシリーズも

e0225164_21393520.jpg

キウイとスイカ 欲し~~~~~~っ!!

e0225164_21393199.jpg

e0225164_21393019.jpg
あんまり我慢すると どこかで ドカ買いしちゃうんだよね~





[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-27 06:49 | 編み物(靴下編み) | Comments(2)
先日  アナンダの「自分の木版更紗を作りに行く旅」のコトを書いたら

アトリエ・ナコでご一緒だった”M”さまから
「私も行ったこと あるよ~」と ご連絡頂いた
インドの旅行記があることも(*^^)v ⇓⇓⇓



写真から伝わる リアルなインド 
やはり 噂に違わず スゴソウダ。。。。

そして!
"M"さまは ⇓⇓スウェーデン・ヴェーヴメッサ2017旅行記も アップして下さってます
「ストックホルムに着いたよ」に始まる11の記事は 読みごたえあります



ヴェーヴメッサのあったヴェクショーからエストニアの首都タリンへの移動とか・・・
心配性の私には コワスギマス
誰かに手配してもらうのではなく 旅を御自身で作る”M”さまの人間力に 憧れます


それにしても語学力に加えて インターネット力がモノを言う時代
(先日伺った ナコ先生のスマホが動かなくなった話・・・・コワかったな~ ;''∀'')
もっと スマホ・ネットを 使いこなさないと 置いてイカレル~~(;一_一)




アナンダの旅で訪ねる バグルー村のインド更紗は
⇓⇓このネクタイ屋さんの旅行記が分かりやすいですね(工房は違うでしょうけど)

色々な国を 織物をテーマで旅されて書かれたこちらのブログ 楽しいです
なんとポーランドの旅もあるんですよ!
色んな鉄道会社が同じ線路、同じ駅、同じホームを使うという 不思議の国ポーランドでの
苦労話が頷けます
スローアートのIZUMIさん無しでは ホント電車にも乗れなかったと思いますもん



布茶さんのブログで知った こちらのインドに関する記事も スゴイ~~!


あぁ なんだか胸いっぱい。。。
もう 行かなくても 行った気がして来た。。。。。




[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-26 06:37 | Comments(0)

台風去って 庭掃除

9月は こうだった ツタが

こうなりました~

e0225164_15433334.jpg

サザンカも咲き始め

e0225164_15433294.jpg

万両がほのかに色づき
e0225164_15433364.jpg

でもまだ 薔薇もあって  
e0225164_15433231.jpg

虫は減ったし  庭仕事が 楽しい い~季節



冬 傷む前に 数点記念撮影
e0225164_15432077.jpg

大好きな 多肉:七福神   なんでこんなにも メデタイ名前なんだろう。。。。
e0225164_15433268.jpg


ありふれた 朧月も丈夫で大好き
e0225164_15433344.jpg


何を植えても枯れちゃう 団地プランターは もう勝手に生えてきた カタバミの鉢となりました
e0225164_15433258.jpg

庭掃除のついでに また ナンの木か分からないモノを 地面から拾って 鉢に入れ
植物の断捨離も ままならないのでした

e0225164_15471462.jpg




[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-25 06:37 | 趣味の園芸 | Comments(0)
どうも・・・
編み物は お金のかからない地味~な趣味というイメージがありますが 
(- )さに ア・ラ・ズ・・・・

とても 友人 知人 家族 夫に言える金額じゃない毛糸で 
じつに大したこともないモノを編んでいる場合が多いのです


今回の このフットカバーも まさに機密事項

e0225164_07362362.jpg
                           編み図はムーリット


ハイコー・コバシ・プラス 100g(161m)で3000円(税込3240円)



・・・で この100均に売っていそうな 
イヤ 売っていても 買わなそうな・・・・フットカバーを編む

色 イケナカッタなぁ・・・

e0225164_06524777.jpg
100均にも毛糸は沢山売っているけど 編む気が・・・しない
編んでて 夢見心地に・・・なれないからね



コバシ・プラスは ストレッチ性のある糸なので フィット感良し  脱げません
e0225164_07435696.jpg



一度 大きくなりすぎて(左)編み直したので 1玉で結構長いこと遊べました

e0225164_07364136.jpg

なんとまぁ バカバカしい 贅沢?な趣味でしょう
趣味と実益は兼ねないのが信条!

趣味とは ソモソモ そういうモノです



スグに手に入るソックヤーンでは 
ROWANの Fine Artの100g(400m) 4000円 税込で4320円が一番高いかな

以前「毛糸だま」の靴下の特集で知り 1玉だけ買って 秘蔵しています
素敵な編み図に出会ったら この毛糸で至福の編み物時間を 楽しむ予定なのです







[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-24 12:02 | 編み物(靴下編み) | Comments(0)
アナンダ・・・と言えば 織や羊毛関係の人の間では 有名なお店

私は 今までに 3人の方から アナンダのインド旅行に参加した話を聞いたことがあります
アナンダ 恐るべし
いや 日本のオバちゃん 恐るべし なのか。。。

2人の方からは 良かったよ~と  1人の方からは 相部屋の問題点を聞かされた(ちなみに ヤノフツアーは全行程一人部屋)
食事にとても気を使ってくれているので お腹も壊さなかったらしい
ただ 同行の若い子が お腹を壊したらしく 悲しいかな?嬉しいかな?昭和20~30年代経験者は大丈夫なんじゃない~とも(-"-)


・・・で 行ってみたい   ジョージ・ハリスンもハマってたし(古っ!)

でも 例えば ⇓⇓ こういうインド旅行記を読むと  ちょっとビビる
出国・入国手続きから 面倒な感じ~




おっ! こちらの方(男性?)は2回もアナンダさんのインド旅行に参加なさったみたい




木版更紗に 興味無いけど 行っちゃおうかな~⇓⇓ この「自分の木版更紗を作りに行く旅」



なんで旅行がしたいのか 今年 夫や弟と旅行して 分かった気がした

彼らは絶景が観たいのであり
私は 自分と違う暮らしをし、違う価値観を持っている人と会って 当り前と思っていることを見直したいんだなって

絶景を見て感動したい男達と 改心して自分を見つめたい私
気が合わない訳よね






[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-23 06:42 | Comments(3)
サクラちゃん こんにちは♪
e0225164_07370751.jpg
今月3回目の風あい工房の日


e0225164_07345896.jpg

月の港は 振り替えや 体験の方もいらして 賑やかでした

「月の港」とは 絶妙なネーミングだと思います
様々な人が寄港し 交流し 新しい風が吹く


人生のある地点で ずっとやってみたかった織を 始める決意をし ここに辿りつき 出会う
何のしがらみもない 一個人として

『織』って気軽に始め難いだけに 皆さんそれぞれ 背中を押されたキッカケを持っている

平等な個人になれる場所としては学校とも似てるケド(いや 学校だと家庭環境とかバレバレかな)
学校は 気の合う子がいる反面 苦手だわぁ~って子もいる 小さな社会

でもここは 全員クラフトが好きで 先生の磁石に吸い寄せられた 
ある意味似た部分を持った仲間の集まりだから 心地いい



そんな環境で 私はまた ヤノフ織

e0225164_07345708.jpg
なんとなくは 織れるのですが 織の仕組み?構造自体が良く分かっていない    
まっ 簡単な組織の織だって よく分かっていないのですから 仕方ないか~
この2mほどの経糸が終わるまでには もう少しスッキリしたいものです


寒かったこの日 
あったかランチが美味しかった~♪

e0225164_07351672.jpg
野菜たっぷり~

e0225164_07351652.jpg
おにぎりで 遠足気分~
e0225164_07350658.jpg
(;''∀'')あっ 何品か 写真撮り損ねてしまった。。。。

先生 御馳走さまでした<(_ _)>





[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-22 00:05 | 機織り・手織り | Comments(0)
スローアートのIZUMIさん そしてルチナさん  関西で大活躍ですね



フォートラベルの こちらの記事
スローアートのブース写真は かなり下の方
「もっと見る」を押さないと出て来ない(^^;)



そして それを迎える この粋な心遣い! サスガ京都
ラ・メール株式会社代表の伊藤さんは お着物姿で糸紡ぎ

ルチナさんも さぞ お喜びになったことでしょう


あ~ 最後の鎌倉ヒュゲリの日程が 台風と重なって 心配~(;_;)
台風 来るんでしょうか。。。。。




[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-21 16:04 | 機織り・手織り | Comments(0)
アトリエ・ナコへ行って来ました

ビックリするほど偶然なのですが Jちゃんの勤め先はアトリエ・ナコと同じビルの中!
・・で
完成したバッグを 無事お届け出来ました
e0225164_09565131.jpg
昭和な風情が漂う ビルのロビー



織ったのは オーバーショットのマット



私はベージュ?ライトブラウン?で織ってみました

e0225164_09564811.jpg
なんて可愛い模様なんでしょう(人´∀`o)
4枚綜絖6本べダルなので 家でも出来るかもしれない

このLyxtrasanで織るマット 使い心地も良くて 只今私の大好物!
嫌いな裁縫業務無し!織ったらすぐ出来上がり!
踏んで汚れたら取り替える消耗品だから いつまでも残ってしまうものじゃないしね

嘗て 気に入ったあまり Lyxtrasanを取り寄せて家でも織ってみましたが
この太い糸。。。。
e0225164_09565419.jpg
大型織機の 強力な筬じゃないと なかなか思う様に打ち込めないので
アトリエ・ナコで掛かる日を楽しみにしているのです


さて
私達が織っている間 ナコ先生は11月の「織りの楽しみ展」の準備で大忙し

「織の楽しみ展」の詳しい内容についてはこちら ⇓⇓


赤坂へ引っ越し アトリエ・ナコとなってからは初の試みなので 
どういう催しになるか まだ分かりませんが
平たく言えば 生徒一同が 織って仕立てた作品の展示と販売の会(だと思います)

以前 桜新町アトリエ・ダーラヘストの頃に ありましたよね ⇓⇓⇓


当時 私は入ったばかりで この作品展は不参加
アルテックに生地を送って あの有名なアアルトのスツールに仕立てた
↑↑↑上記リンク先3枚目に写る椅子 羨ましかったなぁ~


11月の「織の楽しみ展」は
生徒皆さんの織を見ることが出来る またとない機会
きっと 先生が掛けて下さった同じ経糸から生まれたとは思えない程 バラエティーに富んでいることでしょう

織った布を みなさん どうやって暮らしに 生かしていらっしゃるか気になるし
あんな布も織ったな~ この組織は難しかったなぁ~ と感傷に浸る一時になるかも

『織の楽しみ展』

日時 11月10日(金)11:00~18:00 ※初日はアトリエナコ生徒と生徒の同伴者に限る
   11月11日(土)12:00~17:00 
場所 atelier nako
   銀座線・半蔵門線・大江戸線 青山一丁目駅より徒歩5分


ご興味ある方は ナコ先生のブログを注視しててね
教室外の方々に向けて 地図等 詳細の告知があると思いますよ






[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-21 06:12 | 機織り・手織り | Comments(0)
Mさまに教えて頂いた映画「ふたつの名前を持つ少年」をみました
(古い映画なので 無料ネット配信等があるようですが TSUTAYA DISCASで借りました)


               2013年/ドイツ,フランス合作/107分
                【原題】Lauf Junge lauf
                【監督】ペペ・ダンカート (独)

e0225164_06390002.jpg


この映画  ウーリー・オルレブ(イスラエル)による児童文学『走れ、走って逃げろ』が原作 
なんと 実話ベースのお話です

e0225164_06492184.png






ポーランドで起きた ユダヤ人迫害の物語を ドイツ人監督が撮った映画。。。。
もうこれだけで なんだか 胸に迫るものがあります

日本もかつて。。。。
でも。。。。私は真実を全部 語り継がれているのだろうか。。。。



所々に挿入される広角レンズで切り取った景色が実に美しく、見事です
まさにこの夏 夢見心地で過ごした あの景色の中で展開する悲劇

e0225164_07082843.png

森から森へ

e0225164_07081574.png
農場から農場へ 

e0225164_07081349.png


ナチスドイツ支配下のポーランドを 3年間(かな?)身の上と名前を偽って逃げる8歳のユダヤ人少年に
これでもかというほどの試練が襲いかかります
字幕に年号が出て来るので「早く1945年になって~~っ!」と祈りながら見てしまいます


でも 容赦ない厳しさだけでなく 人間の善意にも光を当てた 素敵な作品です

e0225164_07081459.png


寒々した景色の中を歩く少年を見ては

e0225164_07081495.png

この夏のヤノフ村での散歩を思い出し
e0225164_02503439.jpg


農家のシーンでは
e0225164_07081458.png

お料理を習ったベルナルダさんのお家を思い出します
e0225164_12064514.jpg
信仰深いポラーンドの人々 村の教会の尖塔
マリアさま 十字架を飾る家々
あたたかいスープのシーンにこの夏のポーランド旅行が甦ります

ドキュメンタリー映画が得意な監督のせいか 淡々と話が進むのですが 
そのせいか 返ってリアリティを感じました

ソ連軍に会えて喜ぶ少年 イスラエルの建国・・今にも続く様々な事柄には複雑な心境になります
e0225164_07374825.png
私の中では かなりな高評価映画なのですが
夫も次女も 見てくれないそうなのでDVD返却します  (-"-)あ~っ 気が合わない!!
ハリウッド映画以外も見なさいよね~



[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-20 07:57 | 本・舞台・映画レビュー | Comments(0)
またNHKで始まりました
レイチェル・クーのお料理番組:レイチェルのパリの小さなキッチン  

これを見ると 断捨離もダイエットも もうどうだってイイや~って気がしてきます
高カロリーなお料理 そして ごちゃごちゃしているキッチンが ステキ


去年もブログに書いてますね (リンク切れだらけで スミマセン<(_ _)>)











[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-10-19 06:31 | Comments(0)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch