志乃’s スローライフ通信

fworld112.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

バッグに袋 カゴに箱 そして空き瓶・・・・と (^^;)

入れ物好きは 女のサガなのか・・・・・
バッグだって、何個も要らないのに作りたくてウズウズしてしまう

だから Yちゃんから 手編みバッグを頼まれた時は うれしかった

岡本啓子先生デザインの 花モチーフをアップリケした↓このバッグのリクエスト

e0225164_1044541.jpg

但し A4が入るように大きくし ショルダーバッグにして欲しいという

そこで 
アトリエマインの教室の時、先生と一緒に製図して~

e0225164_14272441.jpg
           マチは無くして ダーツをとってあります


早速 編んでみた    デカ~っ(@_@;)

e0225164_14275675.jpg

途中からは輪にして編んだので 

e0225164_14284435.jpg

ここまではスグに完成

e0225164_14274346.jpg
          この毛糸:ピエトラ もう廃版なんだそうですね

さぁ ここからが困った

一面にモチーフを並べようとしてみたが。。。。。

e0225164_14280801.jpg
なんだか変! グロテスク!!

モチーフ 多すぎ~~っ  使い難そうだしね


モチーフを大きくして 数を減らせばいいのかな・・・と試してみたけど

e0225164_14281739.jpg
ますます 変!!   上手くいかない


いっそ 一面にモチーフを付けるのを止めて 部分的にガーランドみたいにしてみる

e0225164_14283093.jpg
落ち着いて来たよ~♪
このくらいで いいみたい
何ごとも やりすぎは いけないね


さぁ ここからは 編み物じゃなく 大嫌いな縫製作業
誰かやってくれ~~~~~~~~っ!

まっ 秋までに仕上げればいいから なんとかなるか(=^・^=)






[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-31 06:04 | 編み物(かごバッグ・がま口) | Comments(0)
アヌード先生に月1回 マクラメを習い始めて1年
毎回・・・前回習ったことを忘れてしまっていて・・なかなか進歩しない


これは前回作ったペンダント紐のアジャスター部分

e0225164_06430472.jpg

こうやって動くので

e0225164_06431309.jpg

ペンダント紐の後ろに使えば 紐の長さの調整ができる
う~ん なかなかイイ感じ~
そろそろ 結び方記号図を見れば なんとか出来るようになったかも~と思っていた
が!
大間違いだった

記号図ってこういうの~

e0225164_07221774.jpg


実はこのアジャスターには5本の紐が使われている
私はシンプルが好きなので、つい全て同じ色を使ってしまう
だから。。。。アラが見えないだけだった(目も悪いし ^^;)




今回、4種のバチ環を作るクラスで
先生の見本のように 色を変えて編んでみたら~

e0225164_06424361.jpg
        当然 左が私の。。。。。。


まぁ キタナイこと キタナイこと
芯にしている紐(ここでは赤)が隙間から見えちゃってる

残り3つも・・・・・

e0225164_06425053.jpg

この有り様・・・

e0225164_06425762.jpg

当たり前だけど・・・まだまだ修行が足りない


~という訳で マクラメ教室 もうちょっと通い続けることにしました(*^^)v






[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-30 06:52 | マクラメ&アジアンノット | Comments(0)
手芸材料の断捨離・整理をしていると
まぁ いろんなモンが出て来て・・・自分で自分に呆れます。。。。

これはニット用レースを使ってフットカバーを編むキット

e0225164_17323316.jpg

不思議なモノが売っているもんです
なんとかヒットを生もうと、メーカーの人が考えに考えちゃったんでしょうね

模様の穴にかぎ針を入れて糸を編み出し、編み物に使う為に作られたニット用レース

e0225164_17305087.jpg

アミュはまだ売っていますが、このバラのレースは廃版かもしれません

キット(レース+編み図)に糸2玉付けて糸代だけの値段でセールしていたので・・・・つい買ってしまったもの

これは、まだ興味があったので、作ってみることにしました

伸縮性があります

e0225164_17302247.jpg


半分に切って使います 切ってもほつれません

e0225164_17303978.jpg

穴から編み出して~

e0225164_17305858.jpg

レースを輪にして 減らし目しながら 底を編みます

e0225164_17312383.jpg
e0225164_17315881.jpg

最後は、巻きかがりして底完成

e0225164_17314501.jpg

レースの端も少し手縫いしてとめたら出来上がり

e0225164_17325390.jpg

なるほど~良く考えたもんだね


履いてみましたが。。。。。。

e0225164_17324236.jpg
コレ。。。。。。

e0225164_17322399.jpg
脱げる~~~~っ!

片方編んだら満足したわo( ̄ー ̄;)ゞ



[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-26 17:41 | 編み物 | Comments(0)
あっと言う間に一個出来ちゃうのが楽しくて
要らない羊毛の処理にピッタリなので
要らないんだけど(笑)ピンクッション編みが止まらない

e0225164_07563734.jpg
ダンテル・ミカ先生のレシピです


編みやすいのはリフ用のアクリル毛糸だけど

e0225164_07564514.jpg

これは身体を洗う訳じゃないので ハマナカのモヘアなんかで編んでも可愛い

e0225164_07565259.jpg
中には羊毛が詰まっているので、針も錆びないんじゃないかな



[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-21 08:00 | 編み物 | Comments(0)
1年に1回の フクちゃんの発表会へ行って来ました

e0225164_06354825.jpg

小学生から

e0225164_06351678.jpg

80代までが集うマジックサークルです

e0225164_06350083.jpg
確か・・・
司会者の「80で始められたばかり」という紹介で登場されたこちらの女性の美しさに 
も~釘づけ!
あの女優の丹阿弥谷津子さんの雰囲気なんですよ!

割烹着を着て お料理教室の先生の語りでそれはお上品に 飄々と手品をされるんです
お話し方・お声も素敵で
なんだか今までに無い、新しいマジックをみた気がしました


e0225164_06345210.jpg
             (私は丹阿弥さん↑↑のファンなんです)


隣のキラキラのカツラをかぶっている男性は英語の先生というシチュエーションで手品をしたんです

ただ単に手品をするんじゃなくて、ある状況、役を演技しながらの手品も多いのです
教科書があるんだか 自分で考えるんだか 
一言に手品といっても 準備すること 練習することは 色々あるんだね

e0225164_06352309.jpg


今回は前に座り、下から見上げる感じだったので
手元が良く見え(@_@)
タネやシカケが見え・・・
こうなっているのか・・・
こうやりながら こう演技しているのか・・・
なんてことも実に多かったのだけど

e0225164_06353297.jpg

手さばき 難しいんだなぁ
道具を買えば出来るって訳じゃないんだなぁ
と かえって尊敬してしまいました(笑)


孫を喜ばせたくて、マジックを始めたフクちゃん
一際 お孫さんからの声援が飛んでました
誘われても ヤル気の起きない私ですが
孫が出来たら入っちゃったりして~(笑)

今回のプロのマジシャンは パントマイムマジックの笑太夢マジック

e0225164_06353966.jpg

勿論 次元が違います(笑)
マジックをみて思うのは 一番に必要なのは演技力 そして 飛びっきりの笑顔が作れる事!
私には これが一番難しいかも~






[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-20 06:50 | お出かけレポ | Comments(0)
先日『15万円のカーディガン!』について書いたところ
カリメロさんから
社長:御手洗さんの著書「気仙沼ニッティグ物語」を読むと~彼女の人となりが分かりますよ~とコメントを頂き
読んでみようと思ったら、勢い余って(笑)
「ブータン、これでいいのだ」まで買ってしまいました

e0225164_07273696.jpg

大国 中国とインドに挟まれた 九州くらいの面積に
70万人くらい(練馬区くらい)の人が住む チベット仏教の国 ブータン

実は・・・・
ブータンを旅行した友人が「あんまり良くなかった」みたいなことを言ったり
友人の旦那様がブータンにシニアボランティアで行ってたり
そもそも「ブータン」という響きが・・・・面白かったり(失礼)
王様が・・・アントニオ〇木に似ていたり(ホントに失礼)

ブータン 気になっていたのです

e0225164_07275060.png
     ~骨董好きとしては 国旗の龍の爪の数なんかも気になってました~



ブータン政府の首相フェローとして現地で1年働いた著者の御手洗瑞子さん
この本は まず 赴任する著者への迎えが空港に来ないところから始まります

なんと!ブータンでは官僚も含め、ほとんどの人が手帳もカレンダーも持っていないんだそうで(@_@;)
記憶できる範囲、だいたい明日の午後くらいまでの予定しか立てない・・

こんなカルチャーショックがこの本には満載でした

「貧しくてもつつましく幸せに暮らしている国」というイメージだったので

楽しい事が好きで、いつ終わるか分からない人生!やりたい事はやらなきゃ!と快楽的で
気軽な結婚、気軽な浮気に離婚というオープンな男女関係の記述や
ローンで、自分の収入を超えてお金を使い、いい車にいい家電と買ってしまう傾向があるなんてコトは なんだかショック!


観光ガイドが約束に遅刻しても 謝らない そして悪びれないなんていうのも当り前
頑張ってもどうにもならないと思っている範囲が日本人に比べてず~っと広いので、
仕方がないと割り切り、失敗や間違いは許される社会
約束を守らなかったことで、怒られたりしたら、ナント!反対に驚いてしまうなんてことも・・・と読めば、ブータンを旅行したSちゃんの不満が分かった気がしてきました


経済格差 バブル 失業 人種問題 ・・・・等々、大変なコトもあるのですが
読み進むうちに、現代日本に効く薬も感じられてくる本で

約束が重視されない社会、ものごとが予定通り進まない中でカリカリ どうすればいいのよ~と悩み仕事する著者が上司から言われた
「真面目過ぎるよ・・・日本人だからなぁ・・・
なんでもどうにかできると思ってはいけないよ。それは人間の過信というものだ・・・自分の身の丈を超えて、生真面目に思い悩み過ぎてはダメ・・・こう思うことも大切なんだ。『これでいいのだ』ってね」

なんて言葉や

ブータンの普通の若者に著者が
日本で「志望大学に受かりますように」とか「良い縁に恵まれますように」なんて願ったり絵馬を書いたりする話をした時

「本当にそんなに個人的で世俗的なコトを祈るの?」 と驚かれ

「 祈るほど強く願うことが そんな現世の個人的なことだったら
    それがうまくいかなかった時  苦しいだろうね 」


とサラッと言われるエピソードは心に刺さりました

e0225164_08163102.jpg

「自分の為に祈らない」
「生きとし生けるものすべての為に祈る 輪廻転生でみんなつながっているから」
「幸せを願うのであったら、自分の幸せでなく、周囲の人の幸せを願う」
「自分の幸せを探していては、それはみつからない」

輪廻転生を信じ、いつもうっすらと来世を意識し、老いたら毎日来世の為に祈る
ブータンと日本との「死生観」「今の人生」の捉え方の違い
『これでいいのだ』と思う力・・・・・・・・・なんだかスゴイかも

そうそう!
相続も娘にするという女系社会で、女性が強く、社会進出も進んでいることも知らなかったよ~♪
これもイイかも~~~(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ




[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-19 08:05 | 本・舞台・映画レビュー | Comments(6)
先週織っていたマフラーの

e0225164_10492799.jpg

緯糸を解き
筬を外し
綜絖を入れ直して

織り直しました

e0225164_22452370.jpg

これで地模様の杉綾が目立つようになりました

やり直して良かった~♪

太い糸、少ない経糸だったから、簡単にやり直せたけど、やっぱり試織って必要ね


さてと、織り直しが上手く行って気を良くして頂いたランチは餃子!
ジューシーで美味しい~~~

e0225164_22450351.jpg

一緒に頂いた煮豆 栗豆って言うんだそうです。
美味しかったんで、家に帰って検索してみたら

栗豆
栗のような風味からその名がついたいんげんまめ種。
栽培に手間がかかるため、北海道の本別町で生産している農家さんがわずかにいる程度。入手困難の幻の豆です。

と出て来ました
先生、北海道から送られて来たっておっしゃっていらしたし、きっとこの豆のことよね~☆
私が見たコトない訳だわぁ

日本各地(いや世界各地かも)から美味しいモノが届く先生ならではのスペシャルなランチに感謝<(_ _)>




[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-18 22:48 | 機織り・手織り | Comments(0)
春~~~♪

e0225164_09561441.jpg

娘も 人生の春~~♪

σ( ̄、 ̄=)お弁当作って江の島でデートだってさ~♪
行っといで行っといで 花粉症なのに大丈夫~~(# ̄З ̄)

スマホで娘が撮っていた写真を貰いました
                 タコライス弁当

e0225164_09553522.jpg


おっ!私のランチョンマット 使ってくれてんのね~♪

あっ ランチバッグも~!
バッグなんて幾つも要らないと思っていたけど、
こんなにもシチュエーションにピッタリってことがあるのか~



さて・・・
暖かくなって、もう要らない季節になってしまいましたが
ラベリーの人気レシピ:マルティナ・ベームさんの レフティー・ショール 完成です

e0225164_09560446.jpg


たった3目から始めたショールがこんなに大きくなりました

e0225164_09554930.jpg

オパールの白なので・・・風合いは・・・あんまり・・デス(^^;)

e0225164_09555720.jpg

e0225164_09554210.jpg

次もマルティナ・ベームさんのショールから Miss Winkleを編もうかな

e0225164_09562462.jpg
レフティーは端っこで葉っぱみたいなモチーフを作ってから戻って来たんだけど、
こんどは リングを作って戻るんだよ~   

 

e0225164_09563401.jpg


           これなら 糸始末もないし <( ̄ ・ ̄)


こうやってラベリーに つい入り浸っちゃうのは、
編み物レシピや糸情報を手に入れられるだけでなく
世界中の人が編んだ作品もみられからかな

例えばレフティーショールだったら、今日現在、このレシピで編んだ4294人のショールが見られる
              (アカウント作らないと見られないのかも)

人それぞれの楽しい色合わせ
創造力欠如の私には嬉しい限り~~~☆












[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-17 10:06 | 編み物 | Comments(4)
2年近くも前に織ったこの布
e0225164_23363983.jpg

やっとバッグに仕立てました

偶然にも、古いバッグを捨てる時に外しておいた持ち手とピッタリ
(こんなことしているからモノだらけなんだけど)

e0225164_23365530.jpg

織った布は1センチも切らずに~芯をはって~

e0225164_23362121.jpg

内袋も付けて~

e0225164_23370393.jpg

持ち手は簡単にカシメで付けるにかぎる~♪
ミシンで縫うとなると厚すぎて難しいんだよね

革のハギレにちょっと刻印も打って

e0225164_23364765.jpg

ハイ! 出来上がり!!

e0225164_23371229.jpg

今回は娘に
ソロバン塾に行く感じのバッグだね・・・と言われました(;´д`)

e0225164_23372025.jpg

[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-16 23:43 | バッグ・パッチワーク等お裁縫 | Comments(2)
若いくせに・・次女ダンサーが「行こう!」というので、
快晴の中 ひとっ走り映画を観に行って来ました

「男はつらいよ」じゃございません
「家族はつらいよ」です

e0225164_17181941.jpg


「男はつらいよ」がお好きだった方は お好きかと思います(笑)


決定的にヒドイ夫という訳でなく、“靴下脱ぎ散らかし~”のような、なんとなく我慢できる小さなストレスで、妻の心のコップがいっぱいになった時、ストレスが溢れ出し、熟年離婚に至る・・・
と言った 共感しやすい?映画


私は観ていませんが、2013年に公開された『東京家族』と対になる映画です
東京家族を観ていると もっと楽しめるのかもしれません



あらすじは こちらの宣伝動画をどうぞ




「ゴルフ」「お酒」を愛する、元会社人間、周造(橋本功)
典型的な日本の親父:周造が途中から夫に見えてきました
娘もそうだったようです


いつになく、観客の年齢層が高い! 私が若手なんだから(笑)
60~70代の山田洋次監督への信頼ってスゴイね

映画が終わって 「パパに見て欲しかったな~」 と娘

私が
「やっかいで 煩わしくて もう一人で生きちゃおうかな~と思ったりもするけど やっぱりこの諸々の面倒全てひっくるめて人生なんだろうなぁ~て思ったわ」
とつぶやくと

「分かってくれて 嬉しいよ」
と22才の娘に上から目線で言われました(^^;)


我が家は 大酒飲みの夫のせいでバトルが絶えません
そんな時、
「(▼皿▼#)も~~~っ!!!」
と怒り狂う私を 娘は
「<(_ _)>私の父が ご迷惑をお掛けします」
と静めてくれます

父親に似た顔の次女がコレを言うと なんだか可笑しくて力が抜けます

我が家は 彼女のユーモアのお陰で 続いているのカモ・・・・
4月から就職しても家から通うことになった次女
いつか訪れるであろう彼女の結婚が・・・・コワイ






[PR]
by noshinoshishinoch | 2016-03-15 17:32 | 本・舞台・映画レビュー | Comments(0)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch