志乃’s スローライフ通信

fworld112.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ポーランドヤノフ織ツアー( 33 )

成田を発つ朝 空港のドコモに駆け込んだ話は書いたと思います

仕事とはいえ ドコモのお姉さんは親切で
その時の 涙ぐましい このリーフ

e0225164_20435037.jpg


ラインマーカー 書き込み ビッチリ!で説明してくれました
この時の設定無くしては インターネットへは繋げても メールのやり取りは不能でした


普段 無料wi-fiを使ったりしていないのに 突然 海外でって言ってもハードルが高い
だいたい もろもろの 仕組みが分かってないからね~~~


ヤノフ織ツアー参加者5名は ドコモ au  ソフトバンク
そのみんなのスマホ相談にのらなければならなかったIZUMIさんのご苦労はいかほどかと・・・・



でも 遅ればせながら  (=^・^=)オバちゃん だんだん使いこなせて来たよ~~~
こういう機会でもないと 面倒なことから逃げちゃうからね~~~

では ツアー中に撮った 短~い動画 アップしてみます  全部ホンの数十秒です


先ずは ワジェンキ公園 ショパンコンサート




会場をわたる風
そよぐ木々 鳥の鳴き声までが 全部素敵な効果音でした

ポーランド滞在中  ラブラブな若者は全く目撃しませんでしたが(日本の方が目のやり場に困る)

熟年カップルは カッコヨク仲良かったな~~~~

e0225164_20433550.jpg
ウチじゃ 絶対無理!

e0225164_20433531.jpg






コチラは
ワークショップが行われた ルチナ先生の工房前の道で ぐるっと360度回転したもの
素敵な環境でしょ♪
美しくないものは ナイのです







こちらは 羊農家 バヴェウくんの家の前での 360度




どこまでも続く 牧草地 麦畑
美しくも 勤勉な景色なのでした







[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-21 00:15 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(0)

旅は道連れ~♪

今回のヤノフ織物ツアーは


e0225164_16261999.jpg


一番若い人で ジャスト50歳!という 熟女なツアーでしたが
(IZUMIさんのご苦労が忍ばれますネ)
途中 2日間 ポーランドにお住まいで もうすぐ帰国という若いPePeさんが合流して
賑やかでした


在ポーランドが長いIZUMIさんとはまた違う観点からのお話は楽しかったし
この間 通訳2人体制だったので 助かった(笑)

彼女のTwitterはコチラ


7/5と7/6の投稿が 私達と一緒だった日のものですね




そして PePeさんのブログはコチラ





ポーランドでの経験を 日本で活かして 頑張って下さい(^^)/






[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-19 16:23 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(0)
旅行中 ホテルの無料wi-fiからの 画像アップが上手く出来ないので
スマホの画像解像度を一番下げて撮って アップしていました


e0225164_05410091.jpg


ですから 帰って来たら デジカメのちゃんとした画像を使って 
きちんとアップし直そう・・・と思っていたのですが・・・・そろそろアキテきましたよ(笑)


e0225164_05410544.jpg


これからは
すこし間隔をあけて アップしたり
旅行中すでにアップしたページに写真を追加することで すませます(^^;)

ヤノフ織物ツアーにご興味のある方は しばらくしたら また見直してみて下さい
きっと 写真が増えていると思います


e0225164_05411518.jpg


そうだ 忘れる前に 行程は覚えている範囲で記録しておこ~っと!


ヤノフ村織物ツアー2017.7月 主なもの

7/1 土 <到着日>ワルシャワ到着14:25 LO80便  タクシーでホテルへ 夕食は旧市街 ウ・フキエラ
7/2 日 <ワルシャワ観光> 蚤の市 民族資料館 ワジェンキ公園(ショパンコンサート・ワジェンキ宮殿) 昼食 MANEKIN     夜 TOAN PHO

7/3 月 <移動日>移動前にワジェンキ公園ジャガード織工房見学 
         電車でビアウェストクへ 途中ワルシャワ駅で昼食 サラダバーTUKAN
         ビアウェストクからコリチンのホテルまではタクシー

7/4 火 ①ルチナさんの工房でワークショップ開始
7/5 水 ヤノフ文化会館資料室訪問 ②ルチナさんの工房
7/6 木 コリチン文化会館資料室訪問 <ベルナルダさんのお料理教室> ルドガルダさん アリチアさんの工房へ
7/7 金 ③ルチナさんの工房
7/8 土 ④ルチナさんの工房 ベルナルダさん宅でソーセージ・パーティ!
7/9 日 教会ミサ ヤノフ村のお祭り ⑤ルチナさんの工房 ルチナさんのお手製ランチ テレサさんの工房へ
7/10月 <遠足> 郵便局 スーパー 羊農家 鍛冶屋 陶芸工房 バスでヤノフへ戻り ルドガルダさんの工房再訪
7/11火 朝食前にキノコ狩り 郵便局 ⑥ルチナさんの工房 

7/12水 <移動日> タクシーでビアウェストク 郵便局 ルチナさんの壁画 作品展 
          電車でワルシャワ→クラクフへ 昼食はワルシャワ行の食堂車で    
          夕食:ホテル近くのレストラン Pod Baranem

7/13木 <クラクフ観光> ヴィリチカ岩塩坑 マーケット クラクフ歴史地区  
昼食は旧市街 サラダバーCHIMERA 
7/14金 <帰国日>電車でワルシャワへ  ワルシャワ発15:10 LO79便で成田へ


e0225164_23580671.png



[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-19 12:27 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(4)
シティ?ビジネス?ホテルな感じの ワルシャワ カンパニールも

e0225164_18534248.jpg

e0225164_18534296.jpg



アンティークな クラクフ ロイヤル・ホテルも楽しかったけど

e0225164_18552357.jpg

e0225164_18533188.jpg
日本で言う1階は0階 2階が1階 3階が2階 この言い方にとうとう慣れなかったネ 
e0225164_18533058.jpg
ブラウン管テレビに再会~♪
ビエシアダもそうだったけど とにかく部屋の鍵が上手く閉まらないし開けられない(笑)

e0225164_18533108.jpg
この小さなシングル部屋で 私はお城の召使いなんだと 妄想していた(笑)





一番印象深いのは 長く滞在して 毎日ヤノフへ送り迎えしてもらった コリチンのホテル ビエシアダ

e0225164_18590469.jpg

幹線道路沿いに ポツンと建っていて

e0225164_18584300.jpg
トラックドライバーの休息場


e0225164_18585319.jpg


e0225164_20382418.jpg
このツアーは 全行程 一人一部屋
当初は ちょいと贅沢かな~と思いましたが 時差ボケで 寝る時間 起きる時間 シャワーの時間も好きにしたいので とっても助かりました

e0225164_20382308.jpg

e0225164_20382379.jpg

部屋のグラスも 懐かし~い コーラのおまけ~

e0225164_20382271.jpg


フロントは まるでバー!

e0225164_15392791.jpg


食堂は アメリカ映画の ルート66に出てきそう


私はここで ガタイのいいドライバーが豪快に食べているのを見るのが好きでした
みんな キャラが立ってるんだもん

e0225164_20014927.jpg
冷蔵庫の中で売っているのは 手作りのベーコンやソーセージ アイスクリーム
ホームメードの心のこもったお料理は 全部美味しい!

e0225164_20014640.jpg


ルチナさんの工房に初めて通う日
送り届けてくれたのは 
なんと 9人のお子さんを持つ  このホテルのオーナー夫人
私の ポーランド流ハグの挨拶初体験!も彼女(笑)

その後も 長女 長男 次男 ホテルスタッフと交代で 私たちの足となってくれました

ちょっと待たせてしまう時なんか 森でキノコを探して時間調整していたのは キノコ狩りに連れて行ってくれた ご長男♪

e0225164_18595570.jpg


ビエシアダは 結婚式場・ケータリングも行うので
毎日 ワークショップ会場に ランチを届けてもくれました

e0225164_19011620.jpg
この日は ピエロギだね

e0225164_19010649.jpg


その上 考えられます?



ベルナルダさんの畑で 

e0225164_19002788.jpg


食べきれない程 摘んでしまったイチゴで 

e0225164_19004940.jpg

e0225164_19013856.jpg

ジャムや コンポートを作ってくれたり~

e0225164_19001636.jpg




同じく ベルナルダさんのお料理教室で作ったチーズやケーキを テーブルに並べてくれたり

e0225164_20381602.jpg


キノコ狩りに連れていってくれて

e0225164_16213998.jpg

採ったキノコを 素早く調理して朝食に出してくれたり

e0225164_16230172.jpg


最終日には 結婚式場の方にテーブルを作ってくれたり

e0225164_18591267.jpg


なんだか 親戚のおばさんが経営しているホテルに 泊めてもらっているみたい


きっと これもIZUMIさんの パワー?魅力?のお陰なんだろなぁ~







[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-18 20:56 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(0)

ポーランドのコウノトリ

私がポーランドで感動したコウノトリは 兵庫県豊岡市が保護に取り組んでいて有名な
ニホンコウノトリとは違う種類です

ニホンコウノトリより 一回り小さく くちばしが赤く 
日本では シュバシコウと呼んで区別しているみたいです
(ちなみにニホンコウノトリのくちばしは黒)


帰って来てから ネットを検索してみると~


ポーランドって このコウノトリの一大生息地なんですね
たくさん見かけたのがうなずけます


赤ちゃんを連れてくる話で有名なので なんだか見かけると メデタイ気分になる鳥


もう いたるところに巣がありました

e0225164_22214472.jpg

e0225164_22213596.jpg


草原でも そして  まさに童話の様に屋根の上でも  

e0225164_22213568.jpg


               拡大~~~! ↓↓


e0225164_22214155.jpg


空を飛ぶ姿も 優雅~♪

e0225164_22214916.jpg


ベルナルダさんの工房で見かけた 木工のコウノトリ

e0225164_23132272.jpg

欲しいな~って思っていたら 村のお祭りで 貰っちゃって  嬉しい♪




コウノトリは  ヤノフ織の意匠の中にも 登場していましたっけ

e0225164_22213470.jpg



[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-17 06:53 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(0)

圧巻の農村風景

大好物の中世の街並み、お城、教会の写真も一杯撮ったけど

一番 好きなのは ロムアルダおばあちゃんの この一枚

e0225164_23431989.jpg
歌を口ずさみながら糸を紡ぐ姿    なんでこんなに可愛いんだ


そしてどこまでも平らな ヤノフの景色


e0225164_22141987.jpg
本当に国中 まったいら!!


e0225164_22161915.jpg

あきれるほど まったいら


e0225164_23465052.jpg
国名の語源が「平原」からきているとおり、限りなく広がる大平原
山だらけの国:日本から来た私には とにかく不思議



e0225164_22160902.jpg

でも 背中に山を背負って   
こっちからは敵が攻めて来ないぞ・・・と思えないと  なんだか 落ち着かない(^^;)


e0225164_22154479.jpg
訪ねた7月 朝4時~夜10時頃まで明るかった
・・・・と言うことは・・・冬の間は・・・やはり 大変なんだろうなぁ

e0225164_22154451.jpg

売っている土地もあったので 誰か 買いませんか~

e0225164_23592754.jpg
グーグル翻訳によると <I sell the land>らしいよ この看板(^^)v


e0225164_15213856.jpg






[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-16 15:10 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(0)

IZUMIさんへ 感謝

湘南番外地に 無事戻って参りました

あ~~~~夢みたいだった 
疲労とともに 満足感を噛みしめています

半月間という長さ そして 現地集合現地解散というハードルを飛び越えて 本当に良かった
ポーランドの僻地 素敵な農村風景の中 手織りが続く村へ連れて行ってくれた
スローアートの藤田 泉さんに 感謝です




ちょっとした合間に  ルチナさんの工房前の道で 花を摘むIZUMIさん

e0225164_21581684.jpg

童話の中の少女みたいね


そんな可憐な印象のIZUMIさんですが このツアーは彼女のバイタリティー・人間力あってのもの!

彼女と織手さん 織手さんの家族 宿のオーナーとの絆に感動しました



e0225164_21583168.jpg

本当に 本当に お世話になりました     ありがとうございました<(_ _)>






[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-15 22:33 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(6)

とうとう帰国

クラクフから 電車を乗り継ぎ

e0225164_20552696.jpg



やっと ワルシャワ・ショパン空港に着き
全ての手続きを終え 後は乗るだけです

重い荷物を持っての 電車移動は大変です

乗り降りに段差があるし、扉は狭いし
車内・構内アナウンスはないし
突然出発ホームは変更になるし
何両目はどこに止まるのか さっぱり分からないし

日頃うるさく感じるJRのアナウンスに謝ろうかな〜


さっ 搭乗時間も近くなりました
e0225164_20554328.jpg

長くて イヤだな〜~
若いうちに 遠くへ行くべきだった(´⌒`。)



[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-14 21:07 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(0)

クラクフ観光

さて いよいよツアーの最後  クラクフ観光
旅も 終わりです

日常にいると 一週間なんて アッという間ですが
旅行をしていると 長〜く感じます

ワルシャワでの ショパンコンサートが 一ヶ月以上も前に感じられる〜~

e0225164_02011520.jpg
ヴァヴェル城近くのホテルロイヤルに泊まりました


市場や

e0225164_08124886.jpg



有名な世界遺産ヴィエリチカの岩塩抗

e0225164_01565421.jpg

当然 混んでいます

ガイドとともにじゃないと回れないシステム
日本語のガイドはありません
安いポーランド語のツアーに参加(笑)

e0225164_07454380.jpg
この制服のお兄さんと一緒に回ります


e0225164_01574428.jpg
木製階段を下る ドンドン下る!


何やら ハードそうだぞ(´д`)

e0225164_01583466.jpg

そして ミッチリ2時間 カナリな距離を カナリなスピードで歩き回ります

スッゴク 疲れた〜~〜~っ

e0225164_01591484.jpg


e0225164_02073675.jpg


e0225164_02060421.jpg


e0225164_02064537.jpg
抗内の写真を撮る為には 入場券に加えて 10ズロチ(300円位)払ってシールをもらい 服に貼ります
聖マリア教会も 同じように プラス5ズロチ
e0225164_02025763.jpg



そして クラクフ旧市街観光


中央広場   聖マリア教会

e0225164_02045123.jpg

e0225164_02053202.jpg

e0225164_02041649.jpg


ヴァヴェル城などを巡りました

e0225164_02033414.jpg
さ〜て これからワルシャワへ電車で戻り 帰国します




[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-14 08:21 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(0)

ポーランド 犬事情

恐いもの無しに見られる私ですが 
実は私 ワンちゃんが苦手
キライじゃ無くて コワイのです

e0225164_23063698.jpg

ところが 田舎ということもあってか
皆さん ワンちゃんを飼っていらっしゃる

それも 首輪もリードも無し!
放し飼いです


e0225164_14264294.jpg
ルチナ先生のお父さん、お母さんが飼っているジュチェック(ジプシーという意味らしい)


e0225164_18033670.jpg

e0225164_18033947.jpg


村では 通りで それぞれの家から出てきたワンちゃん達が 仲良く世間話?をして 楽しく暮らしているんです

e0225164_00433652.jpg

しかし それはそれは良くしつけられていて
コワイことにはなりません


庭から車に乗り込み 帰ろうとすると
「サヨナラ〜って」追いかけて来て
車の往来する道路まで来ると ピタッと止まって引き返したりします


ワルシャワで リードを引いたまま 犬がバスに乗り込んで来たのには(⊙⊙)驚きました
電車もリードを引いたまま 乗れるんだそうです

[PR]
by noshinoshishinoch | 2017-07-12 15:37 | ポーランドヤノフ織ツアー | Comments(0)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch