志乃’s スローライフ通信

fworld112.exblog.jp
ブログトップ

(ノД`) さよなら 蛸の枕

Mさんと 最後の蛸の枕へ


本当に 蛸の枕は竜宮城だったのかも。。。。朋美店長は 乙姫さま

3年半だけ 行くことができた 夢の場所
もう 行くことは叶わない (6/16~18 6/23~25は営業です

魔法が解けてしまったのね


今回は 糸巻きボタン、フックドラグの鳥さんを教えて頂いた イワタマユミ先生の 枠ブローチ

なななんと! 風あい工房のAさんも参加されていて ビックリ~!w(*o*)w 
e0225164_16584126.jpg
やはり 同じようなところに 辿り着くんですね~♪




これ、やりたかったんだ~~~ つまりは大好物の平織り・綴れ織りですから 

e0225164_16585269.jpg

小っちゃなフレーム織りが ブローチになっちゃうなんて
可愛いね アイディアだよね

外したら小っちゃな織物です 外してもほつれない糸始末も教えて頂きました


みんな無口に頑張ります

e0225164_17001623.jpg
どうしても・・・・家模様を作ってしまうのは もはや呪い・・・・



出来た!

e0225164_17401119.jpg


度々WSでご一緒だった方のブローチ 思い出に写真を撮らせて頂きました 
(;_;)お別れが淋しゅうございます
真鶴の海をイメージして作られた 枠ブローチ サスガ!素敵~♪  私の幼稚~♪
e0225164_17094079.jpg


終わって みんなで記念写真
e0225164_16584510.jpg
うわぁ~ 右上にはシロクマさんがいますよ

先生のデザイン・アイディアが大好きでした(山のお話も。。。)
<(_ _)>ありがとうございました


 
参加者で囲むランチも 蛸の枕ならでは

e0225164_16585690.jpg
朋美店長最後のプレート <(_ _)>美味しく頂きました  ご馳走様でした

蛸の枕のフェイスブックアカウントは残されるそうなので 
今後のご活躍を楽しみにしています(^^)/ また魔法をかけて下さい
本当に有難うございました。


それにしても 淋し~~~~~い( ;´Д`)


と・こ・ろ・で~♪ 
YUKAさん  アッちゃん こういう枠って 作れませんかねぇ(=^・^=)
e0225164_16584847.jpg
もう販売していないモノなのですよ。。。
厚さ5mmの合板です



[PR]
Commented by yuka at 2017-06-12 08:10 x
ブローチ用の枠 ですね。
早速、あっちゃに聞いてみましょう。

しかし、最近は大工WSでは「ダーニング用マッシュルーム」を
いまだにせっせと作っています。
志乃さんにお渡しするんだと。
売るほどできてます。

ブログの場で事務連絡(?)ってのがウケました!
Commented by noshinoshishinoch at 2017-06-12 08:21
早速読んで下さったんですね(^-^)有難うございます
いったい何の枠なのか ブログが分かりやすいかな~
気が付いてもらえない時は、メールしてリンク貼ればいいかな~と思って
勢いで書いてしまいました(笑)
もし必要でした、原物を送りますよ。言って下さい。

ダーニングマッシュルーム iichiで販売ですかね
Commented by ちびまりこ at 2017-06-12 15:16 x
わ〜ん。悲しいです。蛸の枕がなくなちゃうんですね。
一回行ってみたかったな〜。
最後のブローチ、どれも素敵です!
志乃さんのおうちバージョンも好き♪
枠が手に入るといいですね。
Commented by noshinoshishinoch at 2017-06-12 15:47
コメント有難うございました<(_ _)>
本当に唯一無二のカフェでした。
真鶴の町とも組み合わせも良かったんです。
本当に残念で 残念で・・・・
通っていたみんな 重~い「タコノマクラ・ロス」にかかっています(笑)
Commented by あっちゃん at 2017-06-12 21:25 x
お姉様、
多分作れますね。
現物有りますか?

あれば、見たいな〜〜
Commented by noshinoshishinoch at 2017-06-12 23:04
(人´∀`o) きゃ~っ!
早速送らせて頂きます
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by noshinoshishinoch | 2017-06-12 00:02 | お出かけレポ | Comments(6)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch