志乃’s スローライフ通信

fworld112.exblog.jp
ブログトップ

アボカドの種を捨てるなんて(=^・^=)出来な~い!

庭も断捨離!と言っていながら
自然に芽吹いた木を鉢上げするだけでなく
食べたアボカドの種の水栽培まで始めてしまいました。

Nako先生に教えて頂いたブームの「沼サン」
春キャベツ、新タマネギが美味しいこの季節! ハマりまくっています。
週末の朝食はコレに決まり!
e0225164_7411618.jpg
   <この日はレタスとか色んな野菜が入っちゃってますが、オリジナルレシピは、
    た~~~くさんの細~い千切りキャベツを挟むんです。>



「沼サン」とは陶芸家:大沼道行さんの奥様:ゆきさんがinstagramに投稿しているサンドイッチの名前。
「沼サン」とだけ聞くと訳が分かりませんよね~

このレシピの好きな所は~
・パンにチーズ・ベーコンをのせてトーストするところが合理的だし
・大量のキャベツ・野菜が食べられるところ。

そんな山盛りの野菜なんて挟めないでしょ~と思っていたのですが、
作ってみると、パンがトーストしてあるので、エイヤ~!とのせて圧縮すると、
パンがパリパリと上手い事割れながら変形し、落ち着くのです。
アルミホイルでおにぎりを包む時の感じ~(分かり難いね)

心にゆとりのある週末 具にアボカドを入れ・・・手にしてしまったピカピカの種
e0225164_7441473.jpg

こんなに立派な種 園芸好きに捨てるなんてコト出来るでしょうか
出来ませんよね~♪

園芸家として?尊敬しているいとうせいこうさんのボタニカル・ライフにも書いてありますよ~
e0225164_7443684.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・実際、アボカドの種を捨てる時ほど、
その不条理な重さに悩むことはあるまい。
あまりの重さで種は他のゴミをかき分け、必ずゴミ箱の底まで到達する。
・・・・・・・なんだか、買ってきたアボカドよりも、種の方が重かったのではないかと
いぶかしむほどだ。いやたぶんそうに違いない。
それならば、なぜその種を植えてみないのか。
なにしろ、売っているのは種なのだ。決して果肉ではない。
鉢植え好きなら誰でもそう考えることだろう。・・・・・・・

どんな園芸書より、これが私の園芸バイブルなのです。

春キャベツが美味しい間の週末は、このサンドイッチで決まり。
(我が家の平日の朝食は・・・夫(農家の長男)によって“米”と決められているのです)
但し、アボカドを使うのはやめた方が良さそうだ(^^;)









[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by noshinoshishinoch | 2015-03-31 07:51 | 趣味の園芸 | Comments(0)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch