志乃’s スローライフ通信

fworld112.exblog.jp
ブログトップ

我が家のバラ達 マリーアントワネット他~☆

花菜ガーデンの後では・・・あまりにショボイですが
我が家のバラ:マリーアントワネット、今年も元気に咲いています。
e0225164_94531.jpg
    
マリー アントワネット Marie Antoinette
F 2003年 ドイツ antau 作
アイボリー
中輪  中香  四季咲き
半横張り性  樹高 1.4m~1.6m 樹勢 強
e0225164_94308.jpg

フロリバンダなので花束のように、一枝にたくさん花を付けます。
クリームがかっているところが好き。
白じゃなくて象牙色
アントワネットとその時代をイメージしたエレガントなバラです。
亡くなったダイアナさんのウエディングドレスも思い出されます。
優雅~高貴~♪
ちなみに私はマリー・アントワネットと誕生日(11/2)が一緒です。
それだけですが・・^^;

名称不詳の赤いミニばらも咲き出しました。
e0225164_9111496.jpg

よく伸びるので、リース仕立てにしてあります。
e0225164_9113342.jpg


マジカルシリーズのミステリーも!
e0225164_9115024.jpg


そして赤いバラ ルージュ・ロワイヤル!
e0225164_953772.jpg

ルージュ ロワイヤル Rouge Royale     
HT  2000年 フランス Mailland 作
クリムゾンレッド 大輪 強香 四季咲き
横張り性  樹高1.5m  樹勢 強
e0225164_961851.jpg

クォーターロゼットの強い香りのあるクラシカルで豪華な花です。
あまり花の重さに、枝が枝垂れちゃうので、切り花にしました。
e0225164_963279.jpg

庭に咲くバラを色々切って
この時期だけのお楽しみ~
写真の黄色の花はパット・オースチン
このイングリッシュローズ、とっても好きなのですが、とにかく花持ちが悪い。
咲いたと思ったらあっという間に散ってしまいます。
花弁が散らかるのも困るので、残念ですが、早々に花を切り取っています。
すると~こんな記事が・・・
『イングリッシュローズの特徴は香りの良さ。香りが良いということは、花弁は薄く
デリケートということ。
D.オースチン氏は花が汚くなってからも、いつまでも枝に残るのではなく、
まだ美しい時にハラハラと散っていくはかなさ”散りぎわの美しさ”を観賞してもらいたいと考えている。』
えっ~そういう事だったの~知らなかった~!
そんな~桜みたいなコト・・・豪快に散ることのできる広い庭が必要なのかも・・・
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by noshinoshishinoch | 2012-06-04 08:06 | 趣味の園芸 | Comments(0)

人にはモノを作る☆本能があるのかも・・・


by noshinoshishinoch